読書日和

dokushobi.exblog.jp

「読書日和」備忘録

ブログトップ

帰り道

昨日、職場からの帰り道。特に何をということでもなく、思い付くまま散漫に仕事のことを考えながら歩いていて、ふと顔を上げると反対側からも人が一人歩いてくる。歩道が狭いから、お互いに少し端によけながらすれ違う。

その時、頭の中では完全に仕事中だったからだと思う。気が付いたら、すれ違う相手に向かって「いらっしゃいませ~」って言ってた。ちょっとごまかしようがないくらいハッキリと。結構恥ずかしかったな。

まぁ、誰かに迷惑かけたとか不愉快にさせたという訳ではないから、いいんだけど。




[PR]
# by dokusho-biyori | 2018-06-18 06:36 | サワダのひとりごと | Comments(0)

朝吹真理子『TIMELESS』

貴子(きこ)と永遠子(とわこ)の再会を描いた『きことわ』で、芥川賞を受賞してから早7年。
待望の芥川賞受賞後第一作――。恋愛感情のないまま結婚し、「交配」を試みるうみとアミ。2035年、父を知らぬまま17歳になった息子のアオは、旅先の奈良で桜を見ていた……。
朝吹真理子『TIMELESS』は6月29日、新潮社から発売予定。乞うご期待!



a0304335_21595075.jpg




a0304335_07015659.jpg




a0304335_22000739.jpg




a0304335_22001905.jpg




a0304335_22010098.jpg




a0304335_06593130.jpg




a0304335_06594416.jpg




a0304335_07000665.jpg




a0304335_07001728.jpg




a0304335_07002874.jpg




a0304335_07003903.jpg




a0304335_07004996.jpg




a0304335_07010167.jpg




a0304335_07010971.jpg




a0304335_07012148.jpg




a0304335_07013057.jpg




a0304335_07013863.jpg




a0304335_07014850.jpg







[PR]
# by dokusho-biyori | 2018-06-14 07:04 | 試し読み | Comments(0)

宿野かほる『はるか』

昨夏、発売されるや否や賛否両論を巻き起こした『ルビンの壺が割れた』
あの宿野かほる氏の第二作が、噂によると大きくグレードアップして刊行されるそうだ。
今度のテーマは〈 純愛 & AI 〉!?
愛する人を事故で亡くした主人公が、人工知能で死者を甦らせようとする……らしい。
宿野かほる『はるか』は、6月22日、新潮社から発売予定。乞うご期待!



a0304335_07100786.jpg




a0304335_07101894.jpg




a0304335_07102867.jpg




a0304335_07103794.jpg




a0304335_07105506.jpg




a0304335_07110495.jpg




a0304335_07111447.jpg




a0304335_07112359.jpg




a0304335_07114157.jpg




a0304335_07115075.jpg




a0304335_07115974.jpg




a0304335_07120959.jpg




a0304335_07122501.jpg




a0304335_07123318.jpg




a0304335_07124312.jpg




a0304335_07125336.jpg




a0304335_07130665.jpg




a0304335_07131517.jpg









[PR]
# by dokusho-biyori | 2018-06-12 07:14 | 試し読み | Comments(0)