人気ブログランキング |

カテゴリ:試し読み( 53 )

さぁ、川口俊和さんの2作目だ!
即ち、『コーヒーが冷めないうちに』の第二弾だ!!

場所は勿論、喫茶店「フニクリフニクラ」
カウンターの中には、マスターの時田流と従姉妹の時田数。
そして、例の席にはあの幽霊。

これにて舞台は整った。
『この嘘がばれないうちに』は
2017年2月発売予定で進行中。
乞うご期待!


a0304335_10211687.jpg

a0304335_10212496.jpg

a0304335_102132100.jpg

a0304335_10213742.jpg

a0304335_10214534.jpg

a0304335_10215146.jpg

a0304335_10215626.jpg

a0304335_1022334.jpg

a0304335_10221024.jpg

a0304335_10221643.jpg

a0304335_10222345.jpg

a0304335_1022314.jpg

a0304335_10223736.jpg

a0304335_10224589.jpg

a0304335_10225248.jpg

a0304335_102304.jpg

a0304335_10232091.jpg

a0304335_10233110.jpg

a0304335_10234072.jpg

a0304335_10235218.jpg

a0304335_1024772.jpg

a0304335_10241989.jpg

a0304335_10243187.jpg

a0304335_10244614.jpg



第一弾『コーヒーが冷めないうちに』の試し読みはこちら




















.
by dokusho-biyori | 2016-11-13 10:25 | 試し読み | Comments(0)

さて。
相場英雄さんと言えば『震える牛』ですね。金目当ての強盗殺人と見せかけて、実は……という、大ヒットしたミステリーです。その相場さんが、今度は映画作りの裏側を、これまたリアリティたっぷりに描きました。その名も『クランクイン』。双葉社から、11月下旬に発売予定です。


a0304335_17502663.jpg

a0304335_1750426.jpg

a0304335_17505072.jpg

a0304335_17505781.jpg

a0304335_1751419.jpg

a0304335_17511368.jpg

a0304335_17512158.jpg

a0304335_17513366.jpg

a0304335_17514360.jpg

a0304335_1751515.jpg

a0304335_1752893.jpg

a0304335_17521690.jpg

a0304335_1752225.jpg

a0304335_17523064.jpg

a0304335_1752373.jpg

a0304335_17524462.jpg

a0304335_17534627.jpg

a0304335_1754056.jpg

a0304335_17541739.jpg

by dokusho-biyori | 2016-10-23 17:55 | 試し読み | Comments(0)

浜口倫太郎『廃校先生』

6月に出た『シンマイ!』が好評な浜口倫太郎氏が、
またまた田舎を舞台に感動作を生み出したぞ。
今度の舞台は全校児童僅か7人という過疎の村の小学校。
しかも、来年の春に廃校されることが既に決まっている。
子どもたちは、そして先生は、廃校までの1年をどう過ごすのか。
『廃校先生』は9月下旬に講談社から。

a0304335_9385056.jpg

a0304335_939279.jpg

a0304335_9391158.jpg

a0304335_9391592.jpg

a0304335_9391922.jpg

a0304335_9392499.jpg

a0304335_93929100.jpg

a0304335_9393577.jpg

a0304335_9393915.jpg

a0304335_9394443.jpg

a0304335_9395213.jpg

a0304335_9395869.jpg

a0304335_940332.jpg

a0304335_940968.jpg

a0304335_9401461.jpg

a0304335_9402287.jpg

a0304335_9404865.jpg

a0304335_9405933.jpg

a0304335_941966.jpg

by dokusho-biyori | 2016-09-09 09:41 | 試し読み | Comments(0)

香月夕花『水に立つ人』

さて、こちらは新人のデビュー作。
ただし! そんじょそこらのデビュー作ではなく、
選考委員絶賛のオール読物新人賞だ。
香月夕花『水に立つ人』は9月下旬、文藝春秋から発売予定。

a0304335_8582254.jpg

a0304335_8582934.jpg

a0304335_8583439.jpg

a0304335_8583967.jpg

a0304335_8584584.jpg

a0304335_8585035.jpg

a0304335_8585755.jpg

a0304335_859252.jpg

a0304335_8597100.jpg

a0304335_8591371.jpg

a0304335_8591928.jpg

a0304335_8593095.jpg

a0304335_8593623.jpg

a0304335_8594592.jpg

a0304335_90545.jpg

a0304335_901238.jpg

a0304335_94133.jpg

a0304335_942347.jpg

by dokusho-biyori | 2016-09-08 09:07 | 試し読み | Comments(0)

下村敦史『失踪者』

さぁ、乱歩賞作家・下村敦史の新刊だ。
この作家の何がいいって、勿論、謎解きも面白いし、人物の性格付けやセリフも現実味があって惹き込まれるけど、何よりいいのは描写力。例えばデビュー作『闇に香る嘘』では、満州の避難民をソ連の戦闘機が機銃掃射する場面をこう描く。

《 突如、ソ連機が飛来し、爆音を轟かせながら急降下して掃射した。大雨に打たれた泥沼の水面のように地面が弾けた 》

何千という銃弾が地面を叩く様子が、映画を見ているように目に浮かぶでしょう?

或いは、著者初の山岳ミステリー『生還者』では、白馬岳の山頂から見渡す幾つもの雪山の連なりを、

《 まるで嵐の海で大波が盛り上がった瞬間で凍りついたような 》

と描写する。こういう表現力は、観察力と想像力と、それを言葉に変換する力がずば抜けていないと出来ないんじゃないかと愚行します。で、今回の『失踪者』でも、いきなりこんな文章が登場します。遠目に見る雪崩を写し取った文章です。

《 巻いた真っ白い絨毯を転がして敷いていくかのように、雪崩が雪と氷と岩の斜面を駆け下っていた 》

ミステリー作家に対してこういう言い方は失礼なのかもしれないけど、俺の場合は、下村さんの文章なら謎解きが一切なくても楽しめると思う。いや、謎解きも面白んですよ、念のため。ってか、今回の作品も、プロローグの数ページを読んだだけで絶対に物語に引っ張り込まれます。

発売は9月15日頃。大いに乞うご期待!

a0304335_18382510.jpg

a0304335_18383219.jpg

a0304335_18384329.jpg

a0304335_18385217.jpg

a0304335_1839111.jpg

a0304335_1839557.jpg

a0304335_18391351.jpg

a0304335_18392052.jpg

a0304335_18392470.jpg

a0304335_18393157.jpg

a0304335_18393780.jpg

a0304335_18394859.jpg

a0304335_18395378.jpg

a0304335_1840071.jpg

a0304335_1840846.jpg

a0304335_18401431.jpg

a0304335_18404530.jpg

a0304335_18405888.jpg

a0304335_1841752.jpg

a0304335_18411557.jpg

a0304335_18412873.jpg

a0304335_18413951.jpg

by dokusho-biyori | 2016-09-05 18:43 | 試し読み | Comments(0)

日本SF大賞作家の宮内さんが、またまた変なSFを生み出したぞ。
《 宇宙だろうと深海だろうと、核融合炉内だろうと零下190度の惑星だろうと取り立てる。それがうちのモットーだ 》
その名も『スペース金融道』は、河出書房新社から8月下旬刊行予定。
乞うご期待。


a0304335_11222728.jpg

a0304335_1122356.jpg

a0304335_11224278.jpg

a0304335_11224820.jpg

a0304335_11225440.jpg

a0304335_11225999.jpg

a0304335_1123433.jpg

a0304335_11231094.jpg

a0304335_11231528.jpg

a0304335_11232263.jpg

a0304335_11232872.jpg

a0304335_11233412.jpg

a0304335_11234437.jpg

a0304335_11235349.jpg

a0304335_1124078.jpg

a0304335_1124963.jpg

a0304335_11245319.jpg

a0304335_1125430.jpg

a0304335_11251450.jpg

a0304335_11252361.jpg

by dokusho-biyori | 2016-08-10 11:26 | 試し読み | Comments(0)

高校生の頃、歌人としてデビューした加藤千恵さん。

「ついてないびっくりするほどついてないほんとにあるのあたしにあした」
「フィルムがあまってるって言ったけどそれはほんとは口実でした」

なんとなく、俵万智さんの『サラダ記念日』を彷彿とさせる歌風じゃないでしょうか?
「いつもより一分早く駅に着く 一分君のこと考える」(『サラダ記念日』より)

そんな加藤さんの、これは歌集ではなく青春小説。
『ラジオラジオラジオ!』は、6月28日頃、河出書房新社から刊行予定。

a0304335_11402656.jpg

a0304335_11403693.jpg

a0304335_11404164.jpg

a0304335_11404686.jpg

a0304335_11405156.jpg

a0304335_11405521.jpg

a0304335_1141157.jpg

a0304335_114159.jpg

a0304335_11411162.jpg

a0304335_11411771.jpg

a0304335_11412476.jpg

by dokusho-biyori | 2016-06-04 11:43 | 試し読み | Comments(0)

去年の文藝賞デビュー作『死にたくなったら電話して』。あの結末にはびっくりしましたね!
待望の第2作も、タイトルからして安易な予定調和には、絶対にならなそう。
『報われない人間は永遠に報われない』は、6月16日頃、河出書房新社から刊行予定。

a0304335_1044382.jpg

a0304335_10445055.jpg

a0304335_10445570.jpg

a0304335_1045347.jpg

a0304335_10451034.jpg

a0304335_10451556.jpg

a0304335_10452090.jpg

by dokusho-biyori | 2016-06-04 10:46 | 試し読み | Comments(0)

柳 美里さんが描く、公園の野良猫たちの命の物語!
『ねこのおうち』は6月17日頃、河出書房新社から刊行予定!

a0304335_1037334.jpg

a0304335_1037818.jpg

a0304335_10371549.jpg

a0304335_1037214.jpg

a0304335_10372549.jpg

a0304335_10373057.jpg

a0304335_10373440.jpg

a0304335_10373961.jpg

a0304335_1037436.jpg

a0304335_10375037.jpg

a0304335_10375522.jpg

a0304335_10375917.jpg

a0304335_1038533.jpg

a0304335_103811100.jpg

a0304335_10381627.jpg

a0304335_10384727.jpg

by dokusho-biyori | 2016-06-04 10:39 | 試し読み | Comments(0)

来ましたよ! 今年一番の快作が!

場所はイギリス。
引きこもり気味の三十男・ベンの前に現れたのは、ポンコツロボットの「タング」。
市販されている多くのアンドロイドと違って、掃除も洗濯も料理も出来ない。
それどころか、ろくに会話も成り立たない。
その上、どうやら壊れてるっぽい。

ろくに働きもせず無為に日を送り、夢も生き甲斐も持たず、
挙句、嫁さんにまで愛想を尽かされたベンは、一念発起。
タングを直す為、作った人を探してアメリカへ渡る決意をする……。

とにかく何しろ、タングが生意気でお茶目でかわいらしい!
僕は一足先に読了しましたが、暫くは「タング・ロス」が酷かった(笑)。
控え目に言っても今年上半期、
最も「ずーっと読んでいたかった本」!

デボラ・インストール『ロボット・イン・ザ・ガーデン』(訳/松原葉子)
は、小学館文庫で6月上旬刊行予定。お楽しみに!!

a0304335_11411342.jpg

a0304335_11411838.jpg

a0304335_11412397.jpg

a0304335_11413151.jpg

a0304335_11413791.jpg

a0304335_11414358.jpg

a0304335_11414885.jpg

a0304335_11415445.jpg

a0304335_1142017.jpg

a0304335_1142437.jpg

a0304335_11421185.jpg

a0304335_11421883.jpg

a0304335_11422486.jpg

a0304335_11422969.jpg

a0304335_11423497.jpg

a0304335_11425698.jpg

a0304335_1143683.jpg

a0304335_11431419.jpg

a0304335_11432871.jpg

a0304335_11433612.jpg

a0304335_11434398.jpg

a0304335_11435090.jpg

a0304335_11435693.jpg

a0304335_1144698.jpg

by dokusho-biyori | 2016-05-01 11:45 | 試し読み | Comments(0)