読書日和

dokushobi.exblog.jp

「読書日和」備忘録

ブログトップ

カテゴリ:開催中フェア( 7 )

丸善プラネタリウム

a0304335_07573365.jpg




a0304335_07583969.jpg


『星座を見つけよう』ハンス・アウグスト・レイ 訳=草下英明 福音館書店

『立体で見る「星の本」』杉浦康平、北村正利 福音館書店



a0304335_08000267.jpg


『光る! 星座観察キット』監修=藤井旭 学研教育出版

『かんたん くっきり!望遠鏡』永岡書店編集部 永岡書店



a0304335_08011019.jpg


『はじめてのほしぞらえほん』てづかあけみ、村田弘子、渡部潤一 パイインターナショナル

『ニッポンの星、月、夜の絶景』山梨将典 パイインターナショナル



a0304335_09065668.jpg


『夜空と星の物語』日本星景写真協会、アマナイメージズ、アフロ、森山晋平 パイインターナショナル

『夜空と星の物語 日本の伝説編』森山晋平、日本星景写真協会、アマナイメージズ、多摩六都科学館 パイインターナショナル



a0304335_08033837.jpg


『Dear Earth』高砂淳二 パイインターナショナル

『星月夜への招待』Kagaya 河出書房新社



a0304335_08052878.jpg


『悠久の宙』Kagaya 河出書房新社

『天空讃歌』Kagaya 河出書房新社



a0304335_08062478.jpg


『星の王子さまの天文ノート』県秀彦 河出書房新社

『三省堂世界星座早見』日本天文学会 三省堂



a0304335_08073759.jpg


『月の動きがよくわかる 三省堂光る星座早見』日本天文学会 三省堂

『ぼくはうちゅうじん』中川ひろたか/作 はたこうしろう/絵 アリス館



a0304335_08083109.jpg


『はじめての星座かんさつ』甲谷保和 実業之日本社

『星空がもっと好きになる New edition』駒井仁南子 誠文堂新光社



a0304335_08101362.jpg


『星と星座パーフェクトガイド』藤井旭 誠文堂新光社

『星ごよみ365日』星空さんぽ編集部 誠文堂新光社



a0304335_08111208.jpg


『藤井旭の天文年鑑 2018年版』藤井旭 誠文堂新光社

『星の辞典』柳谷杞一郎 雷鳥社



a0304335_08120298.jpg


『夜空の教室』日本星景写真協会、森山晋平、多摩六都科学館天文チーム 三才ブックス

『ときめく星空図鑑』永田美絵、廣瀬匠 山と渓谷社



a0304335_08133239.jpg


『おうちが宇宙図鑑』陰山英男 学研プラス

『なぜ?の図鑑 宇宙』県秀彦 学研プラス



a0304335_08143683.jpg


『地球のふしぎなぜ? どうして?』斎藤靖二 高橋書店

『宇宙のふしぎなぜ? どうして?』宮本英昭 高橋書店



a0304335_08153159.jpg


『ネコ博士が語る宇宙のふしぎ』文=ドミニク・ウォーリマン 絵=ベン・ニューマン 訳=日暮雅通 徳間書店

『はじめてのうちゅうえほん』監修=的川泰宣 制作協力=斎藤 紀男 絵=てづかあけみ パイインターナショナル



a0304335_08163514.jpg


『宇宙』加古里子 福音館書店

『心ときめくおどろきの宇宙探検365話』日本科学未来館 ナツメ社



a0304335_08174126.jpg


『眠れなくなる宇宙のはなし』作=佐藤勝彦 絵=長崎訓子 講談社

『宇宙の地図』観山正見、小久保英一郎 朝日新聞出版



a0304335_08190719.jpg


『宇宙と星のポスターブック』岡本典明、青木健太郎 永岡書店

『宇宙について知っておくべき100のこと』竹内薫 小学館



a0304335_08202947.jpg


『世界で一番美しい深宇宙図鑑』著=ホバート・シーリング 監修=武井摩利 訳=生田ちさと 創元社

『宇宙の教室』監修=多摩六都科学館天文グループ 写真=日本星景写真協会 三才ブックス



a0304335_08262391.jpg


『宇宙の謎』ポール・マーディン 訳=冨永星 岩波書店

『神話・伝説とおとぎ話』海野弘 パイインターナショナル



a0304335_08282326.jpg


『天空の地図』アン・ルーニー 訳=鈴木和博 日経ナショナルジオグラフィック社

『12星座とギリシャ神話の絵本』著=沼澤茂美、脇屋奈々代 絵=中島梨絵 あすなろ書房



a0304335_08303676.jpg


『星座と神話』監修=渡部潤一 著=矢部美智代 ナツメ社

『星と月の撮り方入門』田中達也 インプレス



a0304335_08313138.jpg


『星空撮影の教科書』中西昭雄、MOSHbooks 技術評論社



a0304335_08321949.jpg




a0304335_08323021.jpg




a0304335_08324444.jpg







[PR]
by dokusho-biyori | 2018-07-17 08:35 | 開催中フェア | Comments(0)
a0304335_09394222.jpg




a0304335_09395816.jpg


『写真と図で見る日本の地質』地質情報整備・活用機構、産業技術総合研究所 オーム社

『日本列島ジオサイト地質百選 Ⅱ』全国地質調査業協会連合会、地質情報整備・活用機構 オーム社



a0304335_09413324.jpg


『世界のジオパーク』世界のジオパーク編集委員会、日本ジオパークネットワーク オーム社

『地質と地形で見る日本のジオサイト』脇田浩二、井上誠 オーム社



a0304335_09423834.jpg


『ジオパークを楽しむ本』全国地質調査業協会連合会、地質情報整備・活用機構、ジオ多様性研究会 オーム社

『世界の砂図鑑』須藤定久 誠文堂新光社



a0304335_09444268.jpg


『地形観察ウォーキングガイド』目代邦康 誠文堂新光社

『年代で見る日本の地質と地形』高木秀雄 誠文堂新光社



a0304335_09453763.jpg


『地球の石ころ標本箱』渡辺一夫 誠文堂新光社

『地層の見方がわかるフィールド図鑑』青木正博、目代邦康 誠文堂新光社



a0304335_09462656.jpg


『やさしいイラストでしっかりわかる地層のきほん』目代邦康、笹岡美穂 誠文堂新光社
『ゲーテ地質学論集 鉱物篇』ヨハン・ヴォルフガング・フォン・ゲーテ 訳=木村直司 ちくま学芸文庫



a0304335_09473533.jpg


『街の中で見つかる「すごい石」』西本昌司 日本実業出版社

『日本の地形・地質』北中康文、斎藤眞、下司信夫 文一総合出版



a0304335_09484574.jpg

『学びなおすと地学はおもしろい』小川勇二郎 ベレ出版

『はじめての地質学』日本地質学会 ベレ出版



a0304335_09494786.jpg


『鉱物キャラクター図鑑』いとうみつる、松原聡 日本図書センター

『あなたが知らない鉱物と宝石の世界』ライフ・サイエンス研究班 Kawade夢文庫



a0304335_09504196.jpg


『パワーストーンの教科書』結城モイラ 新星出版社

『鉱物・岩石入門』青木正博 誠文堂新光社



a0304335_09514096.jpg


『鉱物結晶図鑑』野呂輝雄、松原聡 東海大学出版部

『教授を魅了した大地の結晶』松原聡 東海大学出版部



a0304335_09524342.jpg


『鉱物女子のときめき生活』坪石さをり 日本文芸社

『鉱物図鑑』松原聡 ベスト新書



a0304335_09545165.jpg


『ときめく鉱物図鑑』宮脇律郎 山と渓谷社

『岩石と鉱物』ロナルド・ルイス・ボネウィッツ、ジェフリー・E.ポスト 訳=伊藤伸子 化学同人



a0304335_09580560.jpg


『鉱物と宝石の魅力』松原聡、宮脇律郎 サイエンス・アイ新書

『これだけは知っておきたい世界の鉱物50』松原聡、宮脇律郎 サイエンス・アイ新書



a0304335_10005565.jpg


『図説鉱物の博物学』松原聡、宮脇律郎、門馬綱一 秀和システム

『図説鉱物肉眼鑑定事典』松原聰 秀和システム



a0304335_10022439.jpg


『元素でわかる鉱物のすべて』八川シズエ 中央アート出版社

『一番くわしいパワーストーンの教科書』天晶礼乃、須田布由香、玉井宏 ナツメ社



a0304335_10034987.jpg


『価値がわかる宝石図鑑』諏訪恭一 ナツメ社

『楽しい動物化石』土屋健、ネイチャー&サイエンス 河出書房新社



a0304335_10044536.jpg


『楽しい植物化石』土屋健、ネイチャー&サイエンス 河出書房新社

『化石観察入門』芝原暁彦 誠文堂新光社



a0304335_10053130.jpg


『ときめく化石図鑑』土屋香、土屋健 山と渓谷社



a0304335_10061651.jpg




a0304335_10062666.jpg




a0304335_10063650.jpg





[PR]
by dokusho-biyori | 2018-07-16 10:07 | 開催中フェア | Comments(0)
a0304335_09522785.jpg




a0304335_09531387.jpg

『ふなふな船橋』吉本ばなな 朝日文庫

『出発進行!里山トロッコ列車』かこさとし 偕成社



a0304335_09580863.jpg

『ふなっしーの本なっしー!!』ふなっしー KADOKAWA

『木更津キャッツアイ』宮藤官九郎 角川文庫



a0304335_10015247.jpg

『俺の妹がこんなに可愛いわけがない』伏見つかさ 電撃文庫

『もう一度読みたい教科書の泣ける名作再び』学研教育出版編 学研教育出版



a0304335_10031741.jpg

『四千万歩の男 1』井上ひさし 講談社文庫

『絡新婦の理』京極夏彦 講談社文庫



a0304335_10040939.jpg

『内房線の猫たち』西村京太郎 講談社ノベルス

『外房線60秒の罠』西村京太郎 集英社文庫



a0304335_10052884.jpg

『みかづき』森絵都 集英社

『海が見える家』はらだみずき 小学館文庫



a0304335_10062817.jpg

『鉄道リドル』佐藤青南 小学館文庫

『野菊の墓』伊藤左千夫 新潮文庫



a0304335_10075887.jpg

『神様のボート』江國香織 新潮文庫

『ミッキーマウスの憂鬱』松岡圭祐 新潮文庫



a0304335_10092653.jpg

『凍える牙』乃南アサ 新潮文庫

『ニューロマンサー』ウィリアム・ギブソン 訳=黒丸尚 ハヤカワ文庫



a0304335_10112282.jpg

『草笛の音次郎』山本一力 文春文庫

『あぽやん』新野剛志 文春文庫



a0304335_10122425.jpg

『現代語訳 南総里見八犬伝』滝沢馬琴 訳=白井喬二 河出文庫

『星になった少年』坂本小百合 光文社知恵の森文庫



a0304335_10334024.jpg

『房総グランオテル』越谷オサム 祥伝社

『千葉「地理・地名・地図」の謎』高林直樹 じっぴコンパクト新書



a0304335_10353204.jpg

『きらきら眼鏡』森沢明夫 双葉社

『ヤンキー村の農業革命』田中健二 宝島社



a0304335_10370519.jpg

『サポルト!』高田桂 アース・スターコミックス

『詩集 津田沼』佐藤文夫 作品社



a0304335_10382067.jpg

『ツダヌマサクリファイ』鈴木貴雄 コールサック社

『千葉県妖怪奇異史談』荒川法勝 暁印書館



a0304335_10391836.jpg

『房総の伝承奇談』杉谷徳蔵 暁印書館

『漁魂』大野和彦 トランスビュー



a0304335_10401261.jpg




a0304335_10402842.jpg




a0304335_10425489.jpg






[PR]
by dokusho-biyori | 2018-06-30 10:44 | 開催中フェア | Comments(0)

家族の風景

a0304335_07184557.jpg




a0304335_07190131.jpg

『華岡青洲の妻』有吉佐和子

『いま、会いにゆきます』市川拓司



a0304335_07202533.jpg

『サマーウォーズ』著=岩井恭平 原作=細田守

『霧の橋』乙川優三郎



a0304335_07215113.jpg

『若草物語』ルイザ・メイ・オルコット 訳=麻生九美

『奇妙という名の五人兄妹』アンドリュー・カウフマン 訳=田内志文



a0304335_07225057.jpg

『空中庭園』角田光代

『岳物語』椎名誠



a0304335_07234685.jpg

『家族になる日』春日走太

『ささらさや』加納朋子



a0304335_07245155.jpg

『家族関係を考える』河合隼雄

『キッド』ダン・サヴェージ 訳=大沢章子



a0304335_07255085.jpg

『ウェルカム・ホーム!』鷺沢萠

『とんび』重松清



a0304335_07265052.jpg

『死の棘』島尾敏雄

『家族という病』下重暁子



a0304335_07275277.jpg

『ファミリー・ライフ』アキール・シャルマ 訳=小野正嗣

『主夫のトモロー』朱川湊人



a0304335_07291100.jpg

『サッカーデイズ』杉江由次

『ファイティング40、ママはチャンピオン』鈴木一功



a0304335_07301229.jpg

『卵の緒』瀬尾まいこ

『サウンド・オブ・ミュージック』作=谷口由美子 絵=烏羽雨



a0304335_07310127.jpg

『スーサイド・ショップ』ジャン・トゥーレ 訳=浜辺貴絵

『ふたたびの加奈子』新津きよみ



a0304335_07320175.jpg

『ぼくたちの家族』早見和真

『秘密』東野圭吾



a0304335_07325117.jpg

『謎の毒親』姫野カオルコ

『ボージャングルを待ちながら』オリヴィエ・ブルドー 訳=金子ゆき子



a0304335_07334930.jpg

『豚の死なない日』ロバート・ニュートン・ペック 訳=金原瑞人

『積木くずし最終章』穂積隆信



a0304335_07344250.jpg

『家族ゲーム』本間洋平

『おまえうまそうだな』宮西達也



a0304335_07353791.jpg

『彗星物語』宮本輝

『阿修羅のごとく』向田邦子



a0304335_07362923.jpg

『おかあさんとあたし。1&2』ムラマツエリコ、なかがわみどり

『ワン・プラス・ワン』ジョジョ・モイーズ 訳=最所篤子



a0304335_07371845.jpg

『宇宙家族ヤマザキ』山崎大地

『明日死ぬかもしれない自分、そしてあなたたち』山田詠美



a0304335_07381354.jpg

『ジェイコブを守るため』ウィリアム・ランデイ 訳=東野さやか

『父を見送る』龍應台 訳=天野健太郎



a0304335_07404110.jpg


a0304335_07404837.jpg







[PR]
by dokusho-biyori | 2018-05-24 07:43 | 開催中フェア | Comments(0)
a0304335_22192886.jpg




a0304335_22194195.jpg

『約束の森』沢木冬吾
諸事情で〈 疑似家族 〉を演じることになった中年のおっさんと、
青年と、少女、そして一頭のドーベルマン。
それぞれ身よりの無い彼らが家族を演じるうちに、ジワジワと心を通わせるようになっていく。
その様子が温かいやらまぶしいやらで、一度読みだしたら書を伏せること能わず。

『赤崎水曜日郵便局』編著=楠本智郎



a0304335_22260067.jpg

『伴走者』浅生鴨

『Aではない君と』薬丸岳
殺人を犯し、新聞紙上では〈 少年A 〉となってしまった14歳の息子。
しかし、父親にとっては、彼は決して〈 A 〉ではない。
その〈 Aではない 〉君へ、ではなく、君に、でもなく、君と。
タイトルに、本作のエッセンスが凝縮されていると思う。



a0304335_22274039.jpg

『おしまいのデート』瀬尾まいこ

『私を変えた一言』原田宗典



a0304335_22290483.jpg

『ワセダ三畳青春記』高野秀行

『パタゴニア』椎名誠
日本の反対側のパタゴニアで、ひたすら妻の体調を案じ、
息子の成長を願う父親。
ネットもスマホも無かった時代、2万キロの距離を隔てて、
家族の気持ちがそっと寄り添う。



a0304335_22303021.jpg

『漂流郵便局』久保田沙耶

『しゃべれどもしゃべれども』佐藤多佳



a0304335_22321191.jpg

『レインツリーの国』有川浩

『小さき者へ』重松清
分かってやろうと思えば思うほど、分からなくなる。
寄り添おうと思えば思うほど、離れて行ってしまう。
それでも、どうにかして気持ちを届けたいと願う、不器用な家族の物語。



a0304335_22342711.jpg

『龍は眠る』宮部みゆき
宮部みゆきは、持てる者の優位ではなく、持っているが故の悲哀を描く。
想像してみてほしい。
好きな人とのデートの間、相手の心が見え続けたら……と。
特殊な能力を持っているが故の、辛さ。
しかし、少年はラストで高らかに宣言する。
《 僕、誰かの役に立てると思うよ。
  僕だけじゃないや、みんな、そのために生きてるんじゃないの?
  すっごく気障かもしれないけどさ、でもね、一年に一度ぐらい、夜中、
  一人っきりになって、そんなふうに考えてみるのも悪くないよ、きっとね 》

『ツナグ』辻村深月



a0304335_22362036.jpg

『ビジネスマンの父より息子への30通の手紙』G.キングズリ・ウォード 訳=城山三郎

『父と息子のフィルム・クラブ』デヴィッド・ギルモア 訳=高見浩



a0304335_22380494.jpg

『笑うハーレキン』道尾秀介

『あなたの人生の物語』テッド・チャン 訳=浅倉久志



a0304335_22405292.jpg

『ソラリス』スタニスワフ・レム 訳=沼野充義

『パパ、ママ、あいしてる』ブルック・デザリック、キース・デザリック 訳=青山陽子



a0304335_22432179.jpg

『阿弥陀堂だより』南木佳士

『キネマの神様』原田マハ
伝説的な映画評論家とただのおっさん。
引きこもってしまったコンピューターおたくの息子と母親。
そして、だらしない父親と元キャリアウーマンの娘。
絡まりまくった彼らの気持ちが、映画を通して少しずつほどけていく。
『フィールド・オブ・ドリームス』を久しぶりに観直したくなる。



a0304335_22451321.jpg

『カンバセイション・ピース』保坂和志

『暗いところで待ち合わせ』乙一
警察に追われる青年が逃げ込んだのは、盲目の少女が一人で暮らす家。
じっと息をひそめる青年。何者かの気配に怯える少女。
しかし、ずっと一人ぼっちだった彼らは次第に、心を通わせ始める。
声には出さないその交流が温かければ温かいほど、
彼らを待ち受ける運命が心配になって、ページをめくる手が止まらない筈。



a0304335_22465970.jpg

『リミット』五十嵐貴久
今日の番組が終わったら自殺します。
ラジオ局に自殺予告をしてきたリスナーを、番組内で口汚くののしるパーソナリティ。
だけども、彼は、彼にしか説得できないであろうことを感知して、
彼なりの方法で、なんとか自殺を思いとどまらせようとしているのだ、多分。
電波に乗せた心の交感を描く、一風変わったタイムリミット・サスペンス。

『はじめて好きになった花』はらだみずき



a0304335_22481301.jpg

『インドなんて二度と行くか!ボケ!!』さくら剛
こんなにも、意思の疎通が出来ない旅がある(笑)!
こんなにも、客の気持ちをくみ取らないサービス業がある(笑)!
こんなにも、腹の立つことしか無い一人旅なんて(笑)!
初読の時は、電車で読めないどころではなく、殆ど呼吸困難レベル。
インド、行きたくねー(笑)。

『僕らの仕事は応援団。』我武者羅應援團
例えば、幼い兄弟が、毎日朝から晩まで働いている母親の為に、
母の日のサプライズとして、応援団を呼ぶ。
お母さんありがとうの気持ちを込めてフレーッ! フレーッ! と声を上げる。
応援とは、される者だけでなく、する者の心にも、勇気を芽生えさせるものなのだな。



a0304335_22494172.jpg

『容疑者』ロバート・クレイス 訳=高橋恭美子

『助手席のチェット』スペンサー・クイン 訳=古草秀子
チェットは警察犬の試験を落第してしまった犬だけど、
バーニーとの信頼関係は、絶対に揺るがない。
脅迫されても痛めつけられても、チェットはバーニーの指示以外には耳を貸さない。
「僕に命令出来るのはバーニーだけだ」
ピンチを救って貰ったバーニーがチェットに向かってお礼を言えば、
「バカなことは言わないでくれ、俺たちは友達なんだから」と言ってのける。
私立探偵バーニーとその相棒のチェットの交流が、
謎解き以上にワクワクさせてくれる、ユーモアミステリー。



a0304335_22510008.jpg

『ふるさと銀河線』髙田郁

『海岸通りポストカードカフェ』吉野万理子



a0304335_22524575.jpg

a0304335_22525609.jpg




a0304335_22531390.jpg











[PR]
by dokusho-biyori | 2018-04-24 22:55 | 開催中フェア | Comments(0)

山本周五郎賞

フェアって言うほど凝った選書じゃないんですがね、
文庫売り場に山周賞受賞作のコーナーを常設しました。
個人的には、直木賞よりこっちの方が好みの作品が多いの。
いつもの如く小冊子もありますんで、是非、お立ちより下さい。



a0304335_05405419.jpg


a0304335_05414353.jpg

『異人たちとの夏』山田太一
『Tugumi』よしもとばなな


a0304335_05442872.jpg

『エトロフ発緊急電』佐々木譲
『ダック・コール』稲見一良
『砂のクロニクル』船戸与一
『火車』宮部みゆき


a0304335_05461950.jpg

『一九三四年冬─乱歩』久世光彦
『閉鎖病棟』帚木蓬生
『家族狩り』天童荒太
『ゴサインタン』篠田節子


a0304335_05480909.jpg

『奪取』真保裕一
『血と骨』梁石日
『エイジ』重松清
『ぼっけえ、きょうてえ』岩井志麻子


a0304335_05494485.jpg

『白い薔薇の淵まで』中山可穂
『五年の梅』乙川優三郎
『泳ぐのに、安全でも適切でもありません』江國香織
『パレード』吉田修一


a0304335_05535871.jpg

『覘き小平次』京極夏彦
『邂逅の森』熊谷達也
『君たちに明日はない』垣根涼介
『明日の記憶』荻原浩


a0304335_05552646.jpg

『安徳天皇漂海記』宇月原晴明
『夜は短し歩けよ乙女』森見登美彦
『中庭の出来事』恩田陸
『ゴールデンスランバー』伊坂幸太郎


a0304335_05570697.jpg

『果断』今野敏
『この胸に深々と突き刺さる矢を抜け』白石一
『光媒の花』道尾秀介
『後悔と真実の色』貫井徳郎


a0304335_05583482.jpg

『ふがいない僕は空を見た』窪美澄
『楽園のカンヴァス』原田マハ
『残穢』小野不由美
『満願』米澤穂信


a0304335_06005621.jpg

『ナイルパーチの女子会』柚木麻子
『ユートピア』湊かなえ
『明るい夜に出かけて』佐藤多佳子


a0304335_06015666.jpg





















.

[PR]
by dokusho-biyori | 2017-07-17 06:03 | 開催中フェア | Comments(0)

江戸川乱歩賞60年

a0304335_016371.jpg
a0304335_0161331.jpg
a0304335_0161987.jpg
a0304335_0162379.jpg
a0304335_0163010.jpg
a0304335_0163552.jpg
a0304335_0164295.jpg
a0304335_0164839.jpg
a0304335_0165369.jpg
a0304335_0165876.jpg
a0304335_017445.jpg
a0304335_017947.jpg
a0304335_0171651.jpg
a0304335_017206.jpg
a0304335_0172555.jpg
a0304335_0173087.jpg
a0304335_0173790.jpg
a0304335_0174231.jpg

[PR]
by dokusho-biyori | 2014-08-14 00:18 | 開催中フェア | Comments(0)