読書日和

dokushobi.exblog.jp

「読書日和」備忘録

ブログトップ

2016年 07月 27日 ( 1 )

カラフル

「カラフル」という語意の解釈は四人四様。
何がどう「カラフル」なのか、想像しながら愉しんで頂けたら嬉しいです。


a0304335_21493346.jpg


a0304335_21494251.jpg

『鹿乃江さんの左手』青谷真未

『ありふれた風景画』あさのあつこ


a0304335_21504430.jpg

『ガールズ・ブルー』あさのあつこ

『きみが見つける物語 スクール編』あさのあつこ  恩田陸  加納朋子


a0304335_21515145.jpg

『INNOCENT DESPERADO』綾崎隼

『シアター!』有川浩


a0304335_21524983.jpg

『ハーモニー』伊藤計劃

『昨日は彼女も恋してた』入間人間


a0304335_2154473.jpg

『皇妃エリザベート』マリールイーゼ・フォン・インゲンハイム/西川賢一 訳

『友がみな我よりえらく見える日は』上原隆


a0304335_21545145.jpg

『セイギのチカラ』上村佑

『パンダの死体はよみがえる』遠藤秀紀


a0304335_21554320.jpg

『零』大塚英志

『あかねさす』加藤千恵


a0304335_21563178.jpg

『昨夜のカレー、明日のパン』木皿泉

『広告都市・東京』北田暁大


a0304335_21573054.jpg

『青空娘』源氏鶏太

『紅一点論』斎藤美奈子


a0304335_21581860.jpg

『名作うしろ読み』斎藤美奈子

『制服概論』酒井順子


a0304335_2241995.jpg

『七緒のために』島本理生

『響け!ユーフォニアム』武田綾乃


a0304335_22506.jpg

『キャロル』パトリシア・ハイスミス/柿沼瑛子 訳

『冬姫』葉室麟

a0304335_2265531.jpg

『かかし長屋』半村良

『夏の口紅』樋口有介


a0304335_2275686.jpg

『オーブランの少女』深緑野分

『源平の姫君たち 紅の章』藤咲あゆな


a0304335_2284616.jpg

『隠し剣孤影抄』藤沢周平

『少年の日の思い出』ヘルマン・ヘッセ/岡田朝雄 訳


a0304335_22102745.jpg

『回想電車』堀江敏幸

『雨の塔』宮木あや子


a0304335_22121863.jpg

『ゆうじょこう』村田喜代子

『カラフル』森絵都


a0304335_2213754.jpg

『ドングリの謎』盛口満

『千年の黙』森谷明子


a0304335_22141100.jpg

『ひろいもの』山本甲士

『ニセ科学を10倍楽しむ本』山本弘


a0304335_2215047.jpg

『わすれなぐさ』吉屋信子

『競作五十円玉二十枚の謎』若竹七海


a0304335_22212560.jpg

 別に「夏の100冊」をクサすつもりは無いんですがね、売れ筋を意識し過ぎたラインナップは普段から棚前で平積みしている商品が大半だし、夏の風物詩として好評だった時代も今は昔、いい加減マンネリかなぁと思って、今年は文庫チームでオリジナルのフェアを選書してみました。テーマは「カラフル」。
 一口に「カラフル」と言ってもその捉え方は十人十色。それぞれの作品がどう「カラフル」なのかは読んでのお楽しみ。
 吹き出しのコメントは文庫チームの、(筧)は筧 舞、(桑)は桑原 友里恵、(袋)は袋 智明、(沢)は沢田 史郎、です。似顔絵は、『読書日和』でお馴染みの西尾 文惠です。
[PR]
by dokusho-biyori | 2016-07-27 22:33 | 過去のフェア | Comments(0)