読書日和

dokushobi.exblog.jp

「読書日和」備忘録

ブログトップ

江夏の21球

プロ野球・広島東洋カープの顔とも言える衣笠祥雄さんの訃報が届いた。
衣笠選手の特別なファンという訳ではないし、カープファンですらないのだけど、
あーなんだか、プロ野球が元気だった時代が、過去になって、
また少し遠ざかっちゃったな、という気はする。

そして思い出すのが山際淳司のデビュー作にして
スポーツノンフィクションの金字塔「江夏の21球」(『スローカーブを、もう一球』所収)。
今、我が家の書庫(って言うか、押入れ)をさんざん探したんだけど見つからないので、
以下、過去に何度か読んだ記憶だけで書きます。
故に、細かいところで不正確かも知れません(山際さん、すみません)。

時は1979年の秋。
プロ野球でセ・リーグの覇者とパ・リーグの覇者が対決する日本シリーズ。
この年、対戦するのは広島東洋カープと近鉄バッファローズ。
その最終戦である第7戦。
第7戦までもつれているということは、即ち双方3勝3敗。
この一戦が文字通り、雌雄を決する関ヶ原。

試合はカープが1点をリードしたまま、9回の裏、バッファローズ最後の攻撃。
バッファローズに2点以上取られたら、サヨナラでバッファローズの優勝。
1点取られて同点に追い付かれたら延長戦、0点に抑えれば、カープの優勝。
という、野球ファンならシビレるしかない場面。

そこでカープのリリーフエース江夏豊は、ヒットと四球で無死満塁のピンチを招く。
が、シーズン中何度となく修羅場をくぐりぬけてきた彼は、動じない。
筈だった。

ところが、彼はマウンドから、ある情景を目撃する。
カープのブルペンで、次のリリーフがピッチング練習を始めていたのだ。

このシーズン、江夏は大車輪と言っていい活躍をしていた。
毎日のようにリリーフのマウンドに立ち、毎日のように際どい勝ちを拾って来た。
お蔭で、彼の肩はボロボロだった。
にも関わらず、次のリリーフを準備するということは。

ベンチは江夏を信頼していない……と、彼の目には映った。

そして彼は、どうにでもなれ! と自棄になる。
ここでマウンドを下ろされるぐらいなら、こんなチーム辞めてやる。
とまで、思いつめる。

一塁手の衣笠祥雄がマウンドに駆け寄ったのは、まさにそんな瞬間だった。
そして彼は、江夏に向かって一言告げる。

「俺も、お前と同じ気持ちだ」

今シーズンはお前のお蔭で勝ち進んで来たんだ。
お前抜きでは、この日本シリーズはあり得なかった。
ならば、たとえ打たれようとも、最後までお前にマウンドを任せたい。
勝つにしろ負けるにしろ、お前に全てを任せるつもりだ。

多分、衣笠はそんな意味を込めて「お前と同じ気持ちだ」と言ったんだろう。
そして、江夏は吹っ切れた。
今や伝説となった、カーブでのスクイズ外し→ゲッツーの後、
最後の打者を三振に取り、カープに球団史上初の優勝をもたらした。
その21球の心理戦を綿密に追った作品が「江夏の21球」。

確か『Sports Graphic Number』の創刊号に載ったのだと思う。
衣笠が登場するのは、前述したほんの一瞬。
にも関わらず、衣笠にダンディズムを感じ取る読者は、俺だけでは無い筈だ。

だから何やねん? という話ではない。
衣笠選手の訃報を聞いて、真っ先に思い出したのが「江夏の21球」だったと、
ただそれだけの話だ。

ついでながら。
山際淳司にもっともっと長生きして貰って、
例えばイチロー選手とかテニスの錦織選手とかリオデジャネイロ五輪とか、
エンゼルスの大谷選手とか今度のロシアW杯とかを、書いて欲しかったなぁと思う。

更についでのついで。

ゆうきまさみ『究極超人あ~る』で、主人公のR・田中一郎が、
「昔とった杵柄」を言い間違えて「むしり取った衣笠」と言っていたことも、
鮮明に思い出してクスクス笑いながら、この項を書いている。

衣笠祥雄さんのご冥福をお祈り致します。




[PR]
by dokusho-biyori | 2018-04-26 01:06 | サワダのひとりごと | Comments(0)