素晴らしき【穴】文学

 「穴文学」なるジャンルに分類されるべき本が、日本中に多数存在することを、弊店文芸書担当兼『読書日和』のイラスト&四コマ担当の西尾が突きとめました。その詳細をここに発表致します。恐らくは本邦初公開です。「素晴らしき【穴】文学」フェア、ご堪能下さい。
 
 まずは店頭展開写真から……なんですけど、これ俺、トライポフォビアでかなり苦手なんだよな。
 
a0304335_9303383.jpg

 
a0304335_9315088.jpg

 
 
 
a0304335_9322384.jpg

 
a0304335_9332961.jpg

『砂の女』安部公房
 
『屋根裏の散歩者』江戸川乱歩
 
 
 
a0304335_9341935.jpg

『世界でいちばん美しい洞窟、魅惑の石窟』MdN編集部
 
『ゼロからわかるブラックホール』大須賀健
 
 
 
a0304335_9352254.jpg

『穴屋でございます』風野真知雄
 
『穴』フランツ・カフカ 長谷川四郎 マクシム・ゴーリキー
 
 
 
a0304335_93625100.jpg

『洞窟オジさん』加村一馬
 
『穴 Holes.』ルイス・サッカー 幸田敦子/訳
 
 
 
a0304335_9372032.jpg

『洞窟探検入門』エリック・ジッリ 本多力/訳
 
『穴』ジョゼ・ジョヴァンニ 岡村孝一/訳
 
 
 
a0304335_9381793.jpg

『ひかりごけ』武田泰淳
 
『覗くモーテル観察日誌』ゲイ・タリーズ 白石朗/訳
 
 
 
a0304335_9391959.jpg

『穴の本』ピーター・ニューエル 高山宏/訳
 
『ろくべえまってろよ』灰谷健次郎 長新太
 
 
 
a0304335_9401953.jpg

『穴殺人 1』裸村
 
『なんたってドーナツ』早川茉莉
 
 
 
a0304335_941955.jpg

『穴』原宏一
 
『穴おやじ』飛騨俊吾
 
 
 
a0304335_2253573.jpg

「おーい でてこーい」(『ボッコちゃん』所収)星新一
 
『むしくいさま』もうひとつの研究所
 
 
 
a0304335_9424150.jpg

『客の多い穴』もうひとつの研究所
 
『激安食品の落とし穴』山本謙治
 
 
 
a0304335_9432548.jpg

『洞窟ばか』吉田勝次
 
『深い穴に落ちてしまった』イバン・レピラ 白川貴子/訳
 
 
 
a0304335_9441084.jpg

 
a0304335_944402.jpg

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
.
[PR]

# by dokusho-biyori | 2017-03-24 09:47 | 開催中フェア | Comments(0)

覚え書き

河出書房新社『文藝 夏季号』
中山智幸の中編掲載


↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ 

忘れずに買うこと > 自分
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
.
[PR]

# by dokusho-biyori | 2017-03-17 08:54 | サワダのひとりごと | Comments(7)

探索

ちょっと、久し振りに読み返したい本があるんだけど、どうしても見つからない。捨てても貸しても売ってもいないから家のどこかには在る筈なんだけどなぁ。しかも、狭い家の中で「探す」ってほど広範囲に散らばっている訳もなく、押入れの下の段にほぼ全ての本をまとめて仕舞ってあるだけなんだがなぁ。
 
ただその仕舞い方が問題なんだな。
 
背こちらにを向けてきれいに並べている訳ではなくて、横にして積んでぎゅううぎゅう押し込んでるだけだから、奥の方に在るのを出そうとすると、手前にある本の山を幾つもどかさないといけない訳で、そんな事にならんように普段から整理しとけよって話なんだけど、一つにはきちんと並べられるような数ではないってのと、もう一つ、多分こっちがより大きな理由なんだけど、家で本の整理してると、自宅でまで仕事してるみたいでうんざりすんだよね。幾ら本が好きだとは言え。
 
検索機、欲しいな。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
.
[PR]

# by dokusho-biyori | 2017-03-14 09:10 | サワダのひとりごと | Comments(0)