読書日和

dokushobi.exblog.jp

「読書日和」備忘録

ブログトップ

<   2017年 07月 ( 6 )   > この月の画像一覧

国家の嘘

a0304335_00495122.jpg



a0304335_08522141.jpg

『アカガミ』窪美澄
『あした選挙へ行くまえに』池上彰

a0304335_08525308.jpg

『馬たちよ、それでも光は無垢で』古川日出男
『火葬人』ラジスラフ・フクス 訳= 阿部賢一

a0304335_08532965.jpg

『蟹工船/党生活者』小林多喜二
『神様2011』川上弘美

a0304335_08534905.jpg

『虚人の星』島田雅彦
『霧の子孫たち』新田次郎

a0304335_08540881.jpg

『金環蝕』石川達三
『愚行の世界史』バーバラ・ワーセイム・タックマン 訳=大社淑子

a0304335_08543201.jpg

『ゴールデンスランバー』伊坂幸太郎
『国家と秘密』久保亨、瀬畑源

a0304335_08545771.jpg

『子どもたちに伝えたい戦争と平和の詩100』水内喜久雄(編)
『コラプティオ』真山仁

a0304335_08551879.jpg

『宰相A』田中慎弥
『殺人犯はそこにいる』清水潔

a0304335_08553649.jpg

『砂漠の反乱』トマス・エドワード・ローレンス 訳=小林元
『ジニのパズル』崔実

a0304335_08555862.jpg

『呪文』星野智幸
『「昭和」という国家』司馬遼太郎

a0304335_08561490.jpg

『スウィングしなけりゃ意味がない』佐藤亜紀
『スノーデン 日本への警告』エドワード・スノーデン 訳=青木理、井桁大介訳

a0304335_08563108.jpg

『すばらしい新世界』オルダス・レナード・ハクスリ 訳=黒原敏行
『西部戦線異状なし』エーリヒ・マリア・レマルク 訳=秦豊吉

a0304335_08565888.jpg

『政府は必ず嘘をつく』堤未果
『政府はこうして国民を騙す』長谷川幸洋

a0304335_08571686.jpg

『大本営発表』辻田真佐憲
『民を殺す国・日本』大庭健

a0304335_08574497.jpg

『治安維持法小史』奥平康弘
『妻の帝国』佐藤哲也

a0304335_08580386.jpg

『東京プリズン』赤坂真理
『逃亡』帚木蓬生

a0304335_08582329.jpg

『囚われの島』谷崎由依
『日米「核密約」の全貌』太田昌克

a0304335_08584060.jpg

『ニホンという滅び行く国に生まれた若い君たちへ』響堂雪乃
『野良ビトたちの燃え上がる肖像』木村友祐

a0304335_08585869.jpg

『ひょうすべの国』笙野頼子
『二つの伝説』ヨゼフ・シュクヴォレツキー 訳=石川達夫、平野清美

a0304335_08591335.jpg

『ぼくらの民主主義なんだぜ』高橋源一郎
『ボラード病』吉村萬壱

a0304335_08593558.jpg

a0304335_08594784.jpg



























.

[PR]
by dokusho-biyori | 2017-07-31 01:15 | 過去のフェア | Comments(0)

山本周五郎賞

フェアって言うほど凝った選書じゃないんですがね、
文庫売り場に山周賞受賞作のコーナーを常設しました。
個人的には、直木賞よりこっちの方が好みの作品が多いの。
いつもの如く小冊子もありますんで、是非、お立ちより下さい。



a0304335_05405419.jpg


a0304335_05414353.jpg

『異人たちとの夏』山田太一
『Tugumi』よしもとばなな


a0304335_05442872.jpg

『エトロフ発緊急電』佐々木譲
『ダック・コール』稲見一良
『砂のクロニクル』船戸与一
『火車』宮部みゆき


a0304335_05461950.jpg

『一九三四年冬─乱歩』久世光彦
『閉鎖病棟』帚木蓬生
『家族狩り』天童荒太
『ゴサインタン』篠田節子


a0304335_05480909.jpg

『奪取』真保裕一
『血と骨』梁石日
『エイジ』重松清
『ぼっけえ、きょうてえ』岩井志麻子


a0304335_05494485.jpg

『白い薔薇の淵まで』中山可穂
『五年の梅』乙川優三郎
『泳ぐのに、安全でも適切でもありません』江國香織
『パレード』吉田修一


a0304335_05535871.jpg

『覘き小平次』京極夏彦
『邂逅の森』熊谷達也
『君たちに明日はない』垣根涼介
『明日の記憶』荻原浩


a0304335_05552646.jpg

『安徳天皇漂海記』宇月原晴明
『夜は短し歩けよ乙女』森見登美彦
『中庭の出来事』恩田陸
『ゴールデンスランバー』伊坂幸太郎


a0304335_05570697.jpg

『果断』今野敏
『この胸に深々と突き刺さる矢を抜け』白石一
『光媒の花』道尾秀介
『後悔と真実の色』貫井徳郎


a0304335_05583482.jpg

『ふがいない僕は空を見た』窪美澄
『楽園のカンヴァス』原田マハ
『残穢』小野不由美
『満願』米澤穂信


a0304335_06005621.jpg

『ナイルパーチの女子会』柚木麻子
『ユートピア』湊かなえ
『明るい夜に出かけて』佐藤多佳子


a0304335_06015666.jpg





















.

[PR]
by dokusho-biyori | 2017-07-17 06:03 | 開催中フェア | Comments(0)

一行怪談

PHP文芸文庫から
という、薄めの新刊が出ている……ということを
名古屋の七五書店さんのブログで知ったんだが。




で、早速自店の売り場で内容を確認してみると、や、や、や、確かに怖い。
っていうか、薄気味悪い。一瞬考えて、意味が解った途端、背筋がゾワッと。
中には、どうしても意味が解らないものもあるんだが、
一編が一文、行数でせいぜい4~5行だから、
解らないのは気にせず飛ばして次々とページをめくっていける。
ゾワ~ッとなったやつは、つい誰かに読ませたくなる。
という訳で、幾つか引用してみましょう。

【今まさに電車が迫る線路上に、
物欲しげな目つきの人々が立っていたので、
踏み切りに身を投げるのは止めにした。】


これなんかは、比較的解り易い方ではなかろうか。視覚的に怖いのは、例えば

【ある朝目覚めると、全ての家具に嚙み跡がついていた。】

でも、本当に怖いのは、すぐには意味が解らないやつ。例えば

【寝る時に必ず、洗濯機を回し続けることだけは忘れないよう願いますが、
それさえ守ればたいへんお得な物件だと思いますよ。】


えっ? なんでなんで? 洗濯機を回さなかったらどうなるの?
俺にはそれは解らないんだけど、解らないからこそ怖い。
とにかく、強制的に想像力をかきたてられる、とでも言いますか。

その最たるものが、こちら。

【雨ふきつけ過ぎゆくバスの、
笑い合う母子が座る曇り窓になぞられた、
〝たすけて〟という鑑文字。】


とまぁこんな感じの「怪談」が全部で何個あるんだろう。100じゃきかないと思う。
文庫売り場でドーンと積んでいるので、御用とお急ぎでない方はお手に取ってお確かめを。
きっと背筋が粟立って、その後、誰かに話したくなりますよ。























.

[PR]
by dokusho-biyori | 2017-07-16 15:10 | サワダのひとりごと | Comments(0)

愛と哀しみの遭難文学

a0304335_10415102.jpg


a0304335_10424445.jpg

『エンデュアランス号大漂流』エリザベス・コーディー・キメル 訳=千葉茂樹
『おろしや国酔夢譚』井上靖
『完訳ロビンソン・クルーソー』ダニエル・デフォー 訳=増田義郎
『タイタニック百年目の真実』チャールズ・ペレグリーノ 訳=伊藤綺


a0304335_10451995.jpg

『たった一人の生還』佐野三治
『チャンセラー号の筏』ジュール・ヴェルヌ 訳=榊原晃三
『東京島』桐野夏生
『トルコ軍艦エルトゥールル号の海難』オメル・エルトゥール 訳=山本雅男、植月恵一郎


a0304335_10471903.jpg

「ナンタケット島出身のアーサー・ゴードン・ピムの物語」エドガー・アラン・ポオ 訳=大西尹明 他
『パイの物語』ヤン・マーテル 訳=唐沢則幸
『蠅の王』ウィリアム・ゴールディング 訳=黒原敏行
『漂流』角幡唯介

a0304335_10495892.jpg

『漂流』吉村昭
『漂流の島』高橋大輔
『アイガー北壁 気象遭難』新田次郎
『植村直己 妻への手紙』植村直己


a0304335_10513730.jpg

『神々の山嶺』夢枕獏
『失踪者』下村敦史
『死のクレバス』ジョー・シンプソン 訳=中村輝子
『すぐそこにある遭難事故』金邦夫


a0304335_10545276.jpg

『聖職の碑』新田次郎
『遭難者』折原一
『遭難のしかた教えます 』丸山晴弘
『大岩壁』笹本稜平


a0304335_10562378.jpg

『凍』沢木耕太郎
『灰色の北壁』真保裕一
「宇宙漂流」小松左京


a0304335_10581003.jpg




















.

[PR]
by dokusho-biyori | 2017-07-16 11:23 | 過去のフェア | Comments(0)

17年07月 前編

a0304335_19385445.jpg



a0304335_19391177.jpg



a0304335_19392234.jpg




a0304335_19395302.jpg


 今回でこのチャレンジも最後である。ここまでくると全て名作ぞろい。ほとんど読んだことがある作品ばかりである。必然的に再読という形になったが、どれも新しい発見があって面白い。その中でも一番はやはり『獄門島』である。再読すればするほどおもしろくなっている気がするというのは、やはり一位を獲得するゆえんなのだろう。

10位 横溝正史『本陣殺人事件』角川文庫

 密室殺人というのは魅力的な謎であるにもかかわらず、実際的な面から考えるとこれほど不経済な殺し方はない。トリックを考えるのには時間と労力が必要だし、「針と糸をあやつって閂を……」などと只今絶賛トリック実行中に誰かに目撃されてしまう可能性だってあるし、何よりもわざわざ密室を演出する理由が「自殺に見せかけるため」以外にそうそう思いつかない。つまり、ミステリー作家がわざわざ密室殺人を描くとしたら、以上の不経済をふまえて読者を納得させるトリックを考えなければならないのだ。

 その点において『本陣殺人事件』ほど見事に、密室殺人事件の不経済性を解決しているトリックはなかなか無い。結婚式の後、初夜を迎える夫婦が日本刀で切り刻まれ、現場となった離れの周囲には足跡ひとつない新雪が積もっているといった所謂「雪の密室」のトリックは、その周囲にちりばめられた伏線と見事に連携した傑作である。真っ向から勝負した密室トリックとあっと言わせる捻りの効いた犯人、そして何よりもある怪現象が物語の雰囲気を盛り上げるだけでなくトリックの重要な部分に関わっているという、全てが一つの絵のピースでありながら人工的なわざとらしさを感じさせない構成はもはや神業である。江戸川乱歩の「D坂の殺人」以降、日本でも様々な密室トリックが考案されてきたが、かくも物語と融合したトリックは本作くらいではないか。密室トリックを扱ったミステリーとして初期の作品でありながら一つの完成型ともいえる傑作である。

 余談だが、本作はかの有名な名探偵・金田一耕助の初登場作品である。その歴史的価値も感慨深いものがある。


a0304335_19431289.jpg


9位 京極夏彦『魍魎の匣』講談社文庫

 ミステリー小説はよくパズルに例えられるけれども、この『魍魎の匣』はタイトルにあるように匣に例えられる小説かもしれない。バラバラな断片が綺麗に、みっちりと詰った匣――。事件の要素を匣の中身とするならば、物語るとは断片を一つ一つ取り出して読者に見せることであり、事件を解決することは取り出した断片をきっちり元通りに匣につめる行為になるだろう。つまり『魍魎の匣』を読むということは、バラバラの断片を一つ一つきっちり匣につめていく様子を眺めるようなものだ。

 新興宗教、少女連続バラバラ殺人、密室から消えた瀕死の美少女……、著者はそれら断片を次から次へと読者の目の前においてみせる。全ての断片が読者に提示されたとき、つまり小説でいう事件部分が終わり、さあこれから探偵が謎解きを始めようと腰を上げる瞬間、読者は困惑してしまう。「はたしてこれだけのものがもう一度、あの匣に入りきるのであろうか?」と。ところがそんな読者の心配をよそに、京極堂は次々と真相を明らかにして複数の事件と断片は小説『魍魎の匣』という匣の中に収められる。そう、彼の推理が全て語り終わったとき明らかになる事件の全体像は、断片=ピースが全て有機的に繋がったパズルとはちょっと違っている。強い関係性はないけれども、確かに小説の中では共存している断片同士。やはりそこは、隙間もなく飛び出すこともなく小説『魍魎の匣』に詰められた断片同士の関係性を思ってしまうのだ。「パズルではなく匣? はて何のことやら」と首を傾げてしまうのは当然。それほどこの小説は奇妙な構造をしているのだ。複数の事件が発生するミステリーの新たな視点。よくもまあ、あれだけ奇妙で数多い断片を綺麗に「収納」したものだと感心せずにはいられない。


a0304335_19481050.jpg


8位 綾辻行人『十角館の殺人』講談社文庫

「ミステリーに興味があるけど何から読み始めたらいいかわからない」という人に最初の一冊として、必ず『十角館の殺人』を薦めるようにしている。なぜなら本格ミステリーの醍醐味を一番分かりやすく、かつ高い完成度で味あわせてくれるのはこの本をおいて他にないと考えているからだ。

 設定はアガサ・クリスティーの傑作『そして誰もいなくなった』(海外ランキングの一位。読んで損なし!)のオマージュで孤島に招待された男女が次々と殺されていくというクローズドサークルもの。そこに本島に残された者たちが過去に孤島で起きた事件の真相を探る「本島パート」が謎解きの妙味をプラスしている。それぞれ単独で素晴らしく面白いミステリーとして完成されているのだが、最後に最大の一撃が待っている。たった一行、たった数文字にこれほど驚かされたことはいまだかつて無い。

 かような仕掛けはミステリーマニアでも、いやマニアだからこそ引っかかってしまうかもしれない。というのも、『十角館の殺人』は古今東西あらゆるミステリーの小ネタやオマージュが散りばめられているので、マニアはそのディティールを「俺は分かるぞ」とニヤニヤしながら読むことになる。しかし、散りばめられた小ネタはトリックを覆い隠す煙幕となってマニアの目を曇らせているのである。自身も相当なミステリーマニアだった著者が、同類の生態を踏まえて描いた驚きの犯罪に、(ネタばれされる前に)一度驚くことを強くオススメする。

7位 天藤真『大誘拐』創元推理文庫

 立てこもり犯や誘拐犯に感情移入してしまう被害者の心理をストックホルム症候群というらしいのだけれど、『大誘拐』の誘拐被害者であるおばあちゃんはその域を超えて、犯人グループに助言を与え、陣頭指揮を執るボスのような役割を果たす。古今東西あらゆるミステリーはあれども被害者が犯人に協力する事件などこの作品を除いては他にないだろう。

 そもそも誘拐ミステリーの面白さは、必ず現在進行形の事件を描かざるをえず、目に見えぬ犯人の、着地点の分からない指示に作中の警察と一緒に翻弄され続けるサスペンス性にあると思っている。その点で言うと『大誘拐』は犯人側の視点で描かれる倒叙形式であるので犯人側の目的が分からないというサスペンス性はうすい。分からないのは被害者側の目的である。誘拐されたおばあちゃんが次はどんな指示を出すのか、身代金の受け渡しはどうするのか、そしてなぜ犯人に協力するのか。警察と読者が翻弄されるのは犯人ではない。物語の主導権を握っているのは誘拐事件の被害者なのである。「犯人が事件の主導権を握る」という常識をひっくりかえしたところに『大誘拐』の最大の魅力が詰っており、最大のトリックが隠されてもいるのだ。

 警察、犯人、そして読者を手玉に取る最強の被害者は、最高の誘拐劇を味わわせてくれる。


a0304335_19522382.jpg


6位 松本清張『点と線』新潮文庫

 ミステリーというジャンルは納得のいく解決=現実での再現性がありそうな事件の真相が強く求められる反面、密室殺人やバラバラ殺人など派手で荒唐無稽な事件ほど好まれるという矛盾を抱えているのではないだろうか。謎解きの意外性と面白さを追求するほどに、現実から乖離してしまうのだ(その極限的な例が『黒死館殺人事件』である)。では、リアリティを求めたミステリーは退屈なのか、その反証として松本清張の『点と線』はミステリー史に屹立している。

 事件自体は極めて単純な殺人事件であり、用いられているアリバイトリックも凡庸だし探偵役の刑事の推理も快刀乱麻を断つとは程遠い。しかし、小説の主眼はそこにはない。鉄壁と思われた容疑者のアリバイをあらゆる証言・証拠と小さな発見から崩していく過程にあるのだ。というミステリーは今までもいくつかあったように思うが、『点と線』の捜査過程は挫折の連続である。手がかりをつかんだと思えばアリバイは崩せず、トリックを見破ったと思えば別の証言で否定され、用意周到すぎる犯人の計画に敗北の連続である。いったいどうすれば犯人のアリバイを崩せるのかという興味が尽きない。

 荒唐無稽な事件も、派手派手しいトリックも必須ではない。捜査そのものへの歓心を得ることができればミステリーの傑作たりうる。松本清張の処女長編であり社会派ミステリーブームの火付け的な役割という歴史的価値を差し引いても一読する価値がある。

5位 宮部みゆき『火車』新潮文庫

 たった一人の女性が行方不明になったというだけの事件のはずだった。しかし、行方不明者の探索は、やがて隠された重大な犯罪にたどり着く。ピアノ独奏曲を聴いたと思っていたらいつの間にかオーケストラの演奏を聴いていた、そんな気分である。

 物語のベースにあるのはカード破産問題だ。婚約者がカード破産した過去が知られた瞬間行方不明になってしまった、という甥からの相談に休職中の刑事が捜査に乗り出すというあらすじだが、要するに一人の女性の半生を、関係者を辿りながら明かしていく物語である。一見単調なあらすじだが、行方不明の女がただものではない。「ただの行方不明者」という字面も奇妙だが、それの奇妙さが腑に落ちてしまうほど前半のクライマックスに用意されているある事実は物語を一変させてしまう威力を持っている。興信所にでもどうぞと言いたくなる依頼は、いつのまにか謎と犯罪のにおいがプンプンするミステリーへと変貌するのだ。

 60位の『理由』でもそうだったが、宮部みゆきという作家は、現実にある社会問題からミステリーとしての謎を創造する手腕に優れている。現実から虚構を生み出す能力は、『火車』ではカード破産という誰の身にも振りかかる災難(作中では「公害のようなもの」とまで言われる)から、この小説でしかありえない特別な事件を生み出してしまったのだ。まるで日常という足場が音をたてて崩れて、恐ろしくも魅力的な虚構の世界に足を踏み入れてしまったアリスのように味わっていただきたい。


a0304335_19535314.jpg


4位 夢野久作『ドグラ・マグラ』角川文庫

 読んだ人間は一度精神に異常をきたす――『ドグラ・マグラ』をかように評した言葉がある。精神病の患者を描いたミステリーであるこの小説の、あまりに真にせまった内容が読む者の精神にまで影響を及ぼすということなのだろう。確かにこんなにも奇妙キテレツな小説はなかなかナイにしても精神に異常をきたすことはないと思うので安心されたい。現に二回読んで平気だった人間がここにいる。

 ただ、「精神に異常をきたす」といわれるのもムリないと思わせるほど異形の小説であることは確かだ。オープニングから記憶を失った青年の一人称で語られるその文体、読むほどに彼の混乱や狂気がヒシヒシと脳髄にしみこんでくるかのよう。その切なさ、狂おしさ……。自分は一体誰なのか、どうしてここ(精神病院)にいるのか……、懊悩する彼に追い討ちをかけるように妖しさと狂気に満ちた奇妙キテレツな殺人事件が語られる。そうすることが記憶を取り戻す治療になるとして。それならば、彼の言う婚約者を殺した青年とは私のことなのか、膨らむ疑問に話者は否定も肯定もしない。ただ思わせぶりな態度をとるだけで、右に寄らば左、左に寄らば右という具合に主人公も読者も不安定な状態に置かれる。ああ、果たして何が真実なのだろう、何が起こっているのだろう、そして私は誰なのだろう……。拠るべき事実がない物語、もし読む者の精神へ影響を与えるとすればかくも不安定な状態を強いられる、ある意味恐ろしい読書体験ゆえだろう。

 面白いとかつまらないとかの次元を超えた読書体験ができる、日本三大奇書の一冊である。


a0304335_19590340.jpg


3位 島田荘司『占星術殺人事件』講談社文庫

 人を殺した後、その死体をバラバラにする行為というのは、密室殺人と比べて極めて現実的である。その証拠ではないが、現実社会で密室殺人は起きないけれでもバラバラ殺人事件は起きている。それは死体をバラす行為が、死体の移動を容易にしたり身元の特定を困難にしたり、犯人にとって実用的なメリットがあるからだ。とはいうものの、ミステリー小説においてそんな安直な理由で死体をバラバラにしたら、批判こそされないものの冷ややかな目で見られることはほぼ間違いない。ミステリーにおけるバラバラ殺人を扱うということは相応の覚悟と奇想が必要なのである。

『占星術殺人事件』では娘六人が行方不明になり、一部を切り取られた死体が次々と日本各地六ヵ所で発見される。死体の切り取られた部位や発見された場所が、死んた画家が遺した手記の内容に酷似している。その手記は六人の娘の一部を使って完璧な女「アゾート」を作り上げるという計画を記したものであった。「アゾート」を作るために娘たちは殺されたのか、もちろん違う。いくらバラバラ殺人に奇抜な理由付けが必要とはいえ、オカルトに走ってはいけない。占星術や「アゾート」といった装飾に巧みに隠された真相があるのだ。そのバラバラ殺人の真相こそ『占星術殺人事件』をミステリー史に名を残す傑作たらしめている名トリックなのである。運搬のためでもなく死体の身元を隠すためでもなく、それ以上の恩恵を犯人にもたらすバラバラ殺人の理由とは何なのか。おそらくこれ以上見事なトリックは今までも、そしてこれからも現れることはないだろうと思われる傑作である。

2位 中井英夫『虚無への供物』講談社文庫

 我々がミステリー小説を読むとき、こう思っていないだろうか。「もっと面白い事件を。もっと陰惨な殺人を……!」と。極言してしまうと、ミステリー小説は人が殺されたことをある種ゲーム化して楽しむジャンルだ。人の死を、「ああでもない。こうでもない」とひねくり回すジャンルといえよう。そのジャンルの倒錯性そのものにスポットを当てたミステリーが『虚無への供物』である。

 作中で起こる変死事件は普通の事故死であったり自殺であったり、特筆すべき事件性はない。ところが、作中に登場する自称探偵たちの毒牙にかかると、たちまち恐るべき計画性に満ちた殺人事件のように「解釈」されてしまうのである。同時に、読んでいる我々も「これは殺人事件だ」と思わず宗旨替えしてしまう現象まで同時発生する。探偵たちが推理をすればするほど事件が歪められていく不思議な現象を目の当たりにしつつも、推理合戦の面白さにそれを許容してしまうし、一つの推理が否定されるたびに「次はもっと驚きに満ちた推理を」という期待までしてしまう。そして、嬉々として推理遊戯に淫する探偵の姿は、次第に読者のそれと重なってくるのであるが、探偵たちの推理が極限に達してどれもあり得そうな推理が揃った最後、明かされる真相の何と皮肉なことか。

 普通のミステリー小説として読んでも楽しめるが、その床板を外したところに黒々とした世界も足を踏み入れて欲しい。ミステリー小説にしてミステリー小説でない、「アンチ・ミステリ」と評された日本三大奇書最後の一冊である。


a0304335_20035406.jpg


1位 横溝正史『獄門島』角川文庫

 ケレン味を利かせると事件が浮世離れしたものになり、登場人物の行動もどこか機械めいてきてしまう。かといって現実に寄せすぎると地味な小説になってしまう……。今までのレビューの中で何度か触れてきたミステリーの抱える葛藤である。その葛藤を物語の中で絶妙に解消してみせる作家が横溝正史であり、その最高傑作が『獄門島』なのだろう。

 事件はケレン味たっぷりに展開される。瀬戸内海の孤島で美しくも狂った美少女が次々と殺される。死体は木に逆さに括り付けられたり吊り鐘で覆い隠されたり、事件現場には島にいる狂人の犯行を匂わせるモノがあったりと盛りだくさんだ。とはいえ、それらは物語をただ面白くする装飾物なのではない。事件の真相が明らかになれば、あらゆる要素が獄門島で起きた連続殺人事件にとって不可欠であったことが分かるのだ。ただ、それもムリにひとつにまとめたような人工臭さはまるで無い。ある出来事に対する人々の反応がまた新たな出来事を発生させるという、事件が生き物のように生成されていくような真相なのだ。メイントリックも素晴らしい。個々の殺人に用いられたトリックも面白い。しかし、真にこのミステリーの素晴らしいところは、人々の思惑の集合体としての殺人事件をかくも自然に描き出した構成にあるのではないか。

 以上、長々と分析めいたことをしてみたが、初読時は何も考えずにただ楽しめばいい。雰囲気たっぷりの舞台に没入し、大胆なトリックに驚き、そして悲劇的な結末にやるせない気持ちになる。その後に、是非とも再読することを薦めたい。登場人物一人ひとりの言動が事件にどう関与しているのか見えてくる。そして今度は恐ろしく完成された物語に慄くべきなのである。



後編に続く⇒





















[PR]
by dokusho-biyori | 2017-07-09 21:12 | バックナンバー | Comments(0)

17年07月 後編

⇒前編から続く



a0304335_21184002.jpg


『ジェノサイド』高野和明 角川文庫
 世界的規模の陰謀が進行する傍らで、そうとは知らずに、薬学を専攻する主人公が人類の未来を握る新薬の開発に邁進する。その研究を諦めかけた時に、相棒が静かに主人公に告げる名セリフ。「科学」の部分は、色んな言葉に置き換えられるような気がします。



a0304335_21242146.jpg

a0304335_21252339.jpg


 本書の著者であり語り手でもあるジャコモが五歳の時――姉は七歳、妹は二歳だった――間も無く弟が生まれると、両親から知らされた。しかもその弟はちょっと特別なんだと言う。何がどう「特別」なのかを尋ねると、父親の返事は《 みんなとは少し……違うってことなんだ 》と、なんだか要領を得なかったのだけど、ジャコモにとっては初めての男の兄弟であり、今まで何かと多数決で女性陣に負けてきた彼は、遂に姉たちと対等にテレビのチャンネルを争えると大喜びし、DVDプレーヤーやチョコチップクッキーのために同盟を結ぶことを心に誓い、一緒にバスケットのチームで活躍する日を夢に見る。その浮かれようときたら《 弟が生まれるというニュースを聞いてからというもの、僕はずっと喋りっぱなしで、少しも黙っていなかった 》というぐらい。

 そして数カ月後。生れてきた男の子は、ジョバンニと名付けられ、家族で一番の人気者になった。けれどもジャコモは、自分たちが成長するに従って少しずつ少しずつ、弟の「特別」な部分が見えてくる。幼稚園に通う年頃になってもまともに歩けず、移動したい時には這ったり転がったりする。言葉も解らず数も数えられず、会話もなかなか成り立たない。でんぐりがえしすら出来ないほど首が弱いから、戦いごっこなんてもってのほかだ。

 要するに、ジョバンニは、ダウン症だった。

 という訳で、ジャコモ・マッツァリオール『弟は僕のヒーロー』(小学館/関口英子訳)は、ダウン症の弟を持った著者が、日々の暮らしの中の驚きと発見、悩みと希望を時にエッセイ風に、時に小説風に綴ったノンフィクション。特筆すべきは、弟の成長を描いている以上に、己の変化を素直に告白している点だろう。

 著者が中学生になると同時に、あれほど仲の良かった兄弟の関係に変化が現れる。例えば或る日、弟が何人かの小学生にからかわれているのを見かけたジャコモは、自分がその兄だと知られるのが嫌で、見て見ぬ振りをしてしまう。だからと言ってジョバンニへの愛情が枯れた訳ではなく、見て見ぬ振りをしている間中、心の中で彼は、弟に謝り続ける。そして帰りの道すがら、ひたすら涙を流し続ける。或いは別の日、友達が家に遊びに来ると、ジャコモはジョバンニに「部屋から出るな」とくどいほど言い聞かせて、友達の目からジョバンニを隠そうとする。

 全く同じ経験は無いとしても、ジャコモの気持ちがなんとなく分かるような気がする人は多いのではなかろうか。かく言う僕もそのくちで、しかも分かるような気がしてしまうことに、罪悪感に似た後ろめたさまで感じてしまう。さて、この感情は一体何だ?

 それはジャコモの小学校からの親友――だからジョバンニのダウン症のことも知っている――ヴィットが見事に言い当てる。実は中学に入ってからジョバンニのことをみんなに隠していると打ち明けたジャコモに対して、ヴィットは言う。《 どうして隠す必要があるのかも、俺には理解できない…… 》《 みんなにからかわれる 》《 ということは、問題は、ジョーが世間の食いものにされるってことじゃなくて、おまえ自身が世間の食いものになるのが怖いんだな 》。

 持つべきものは友、とはよく言ったもので、この会話を契機に、ジャコモの中で何かが変わり始める。更に、ジョバンニと同じハンデを抱えた人たちとの出会いが、その変化を加速させる。或るダウン症患者は言う。《 誰もがなにかしら障害を抱えてるものなんだ 》と。そして、かつてからかわれたりいじめられたりした体験を告白しながら、こう続ける。《 おかげで僕は、僕のことをいじめる連中みたいに生まれてこなかったことを神に感謝するようになったんだ 》と。

 そういった体験を重ねることで、ジャコモはやがて確信する。《 ひとは、自分に理解できないものや、恐怖を覚えるものをさげすむ傾向がある 》と。そして《 きみの作る曲は理解できないと言われたボノだって、最終的にあれほどの高みに行きついたじゃないか 》と、イギリスのミュージシャンを引き合いに出して、ジョバンニと兄弟であることを誇りに思う。

 さて、長くなったがそろそろお解り頂けたことだろう。本書は、兄の目からみたダウン症の弟の成長日記ではなく、ダウン症の弟を持ったことで成長出来た自分自身の記録なのだ。その文章は正直で誠実で、かつて弟を恥ずかしいと思っていたことも、今は誇りに感じていることも、ストレートに読者の胸に響くだろう。

 ジャコモがジョバンニの様子を撮影したショートムービーが、Youtubeで29万回も再生されたことが本書出版のきっかけになったそうで、本書と併せてご覧頂けば、マッツァリオール兄弟に一層の親しみが湧くこと請け合いだ。
http://www.youtube.com/watch?v=0v8twxPsszY


a0304335_21301671.jpg


 朝倉宏景『風が吹いたり、花が散ったり』(講談社)はフィクションだけれども、やはりハンディキャップと共に生きる人の物語。皆さん、「盲人マラソン」ってご存知ですかね。僕はテレビでチラッと見かけたことがある程度なんだけど、読んで字の如く、視覚障害を持った人が走るマラソン。勿論一人では危険極まりないから、一人一人のランナーに、健常者の伴走がつく。選手と伴走者は、輪になった一本のロープを握ってつながっている――というスポーツ。その「伴走者」を主人公にしたのが本書。

 この「伴走」というのが、単に一緒に走ればいいというほど簡単なものではなさそうで、当然ながら、選手が三時間半で走ろうとするなら、伴走者も同じ時間で走る実力があるのは最低限。更に、カーブだ段差だ坂道だと、コースの状況を的確なタイミングで分かり易く伝えなければならないし、抜いたり抜かれたりする時だって他の選手とぶつかったりしないように上手く誘導する必要がある。その他にも、給水だ折り返しだ一キロのラップが何秒だと、フツーなら見りゃ分かることを逐一言葉で伝えなきゃならない。その上、走者とは短いロープでつながっている訳だから、腕の振りや足の運びなどは、自分のペースではなく走者に合わせなきゃならない。且つ、走者をレースに集中させるために、ゼーゼーハーハーと呼吸を乱したりも出来ない。そして何よりも大切なのが、走者との信頼関係。視覚に頼れない走者は、伴走者が右と言えば右、左と言えば左に、伴走者だけを信じて動く訳で、右に動いた次の瞬間、別のランナーにぶつかりはしないか、石や空き缶などを踏みつけて捻挫しやしないか、或いはコースが間違っていやしないか、そんなこと心配しながら四二・一九五キロ走り切るなんて無理だというのは経験が無くても容易く想像出来る訳で、即ち、伴走者が右と言ったら何も考えずに右に行く。そんな信頼関係が無いとこの競技には参加出来ない。ただ走れりゃいいっていう単純なもんじゃない。

 といったこの競技の難しさと緊張感が、ピリピリと行間から伝わって来る本書、実際に競技に関わっている人に、恐らくは相当細かい取材をしたのではなかろうか。その甲斐あって、終盤のレースシーンでは、文字通り手に汗握る描写の連続。更に、そこに行きつくまでの主人公たちの信頼関係の醸成のプロセスや、暗い過去をふっ切って前に進もうとする彼らのトライ&エラーも大きな読みどころ。きっと読了する頃には、「走ってみたいな」「観てみたいな」と感じる読者が多発するに違いない。


a0304335_21315303.jpg


 視覚障害を背負った人たちの凄さを紹介する本をもう一冊。『息を聴け』(新潮社)の著者・冨田篤氏は、日本を代表する打楽器奏者。その冨田氏が、熊本県立盲学校アンサンブル部を指導した数年間の驚異の記録。

 冨田氏がいくら世界的な奏者であるとは言え、視覚障害者に教えた経験は勿論無く、初めは試行錯誤と七転び八起きの繰り返し。例えば、全盲ではなく僅かに視力が残っている弱視の生徒でさえ、木琴だのマリンバだののズラッと並んだ音版は見分けられず、どデカイ一枚の板にしか見えない。それを叩くマレットだって、いちいち手渡してやらないと握れない訳で、演奏中に別のマレットに持ち替えるなんて技を、使えるようになるとはとてもじゃないが思えない。「こうやるんだ」と手本を見せても生徒たちには見えない訳で、最初の数カ月はまさに手取り足取り四苦八苦。

 ところが或る日……。たどたどしいながらも何とか演奏らしいことが出来るようになった頃、彼らの音を聴いていた冨田氏はふと気付く。生徒たちは、自分が教えていない音を出しているぞ、と。自分が教えていないテクニックを使っているぞ、と。そして愕然とする。これは、自分の演奏の「癖」ではないか!? そうなのだ。目に頼ることが出来ない視覚障害者の生徒たちは、代わりに常人離れした耳を持っていた! その耳で、冨田氏のお手本演奏を何度も聴くうち、無意識のうちに「耳コピ」していたのだ! 世界的な奏者の奏法を!!

 実は打楽器アンサンブルのコンテストでは一般的に指揮者は置かず、演奏を始めるのも終わらせるのも、奏者同士のアイコンタクト一つでやらなければならないそうで、仮に出場するとなると、そのハードルをどう乗り越えるかが冨田氏の悩みの種だったのだけれども、生徒たちの「耳コピ」を目の当たりにした彼は瞬時に決意して彼らに告げる。《 息を聴け! 気配を感じろ! お前たちの武器はその耳だ! 》。

 こうして練習を続けた熊本県立盲学校アンサンブル部は、四年後、なんと、第28回全日本アンサンブルコンテストで金賞を受賞する。念のために言っておくと、このコンテストは障害者を対象としたものではなく、即ち、健常者に混じって出場した視覚障害者のチームが、正々堂々、金賞を勝ち獲ったのだ。

 こんなにも感動的で勇気づけられるノンフィクションなのに、本書は現在、絶版。もっと読まれるべきだし、本屋として僕も売りたい。どこか復刊してはくれんもんだろうか。


a0304335_21342286.jpg

a0304335_21343914.jpg


 最後にもう一つ、復刊を強く希望したい書籍を。平山譲『4アウト』(新潮社)は、障害者野球に打ち込む選手たちを追ったノンフィクション。帯には《 一度は「3アウト」を宣告された人生。でも、まだ終わったわけじゃない――。 》とあり、恐らくそれがタイトルの由来だろう。

 登場する選手は、例えば、25歳の時に事故で右腕を肩から失った島田泰幸・27歳。やはり25歳の時に、突発性難聴で前触れも無く聴力を失った57歳の山泉邦夫。幼少期に左足神経が麻痺したまま動かなくなった26歳の谷口貴之。バスケットボールで全国大会を目指していた大学3年生の時、交通事故で右足を切断、今は義足で走り回る竹田賢仁は31歳――などなど、選手全てが何らかの障害を背負って生きており、中には一度は絶望して人生を諦めかけた者もいる。

 この選手たちが凄いんだ! 例えば、右腕を失った島田さんは、左手のグローブで捕球するや否や
《 左手にはめたグローブで球を宙に投げ上げ、その間にグローブを外して地に落とし、素手になった左手でボールだけを掴み、矢本めがけてストライクを投げてきた 》
だけでなく、なんとその間、一秒にも満たないというから、俄かには信じ難いほどの神業である。勿論、最初っからそんな離れ業が出来た訳ではない。怪我をしてから一年余りは、生きる意味を見失って家にこもっていた島田さん。もう一度《 自分で自分を褒められるように 》なりたいと願って障害者野球を始めた当初は、捕球から送球まで十秒以上もかかっていた。それから僅か数ヶ月で――中学で野球部に在籍していた経験があったとは言え――まるで漫画にでも出てきそうなスーパープレイを身につけるなんて、恐らくは、当の本人でさえ想像できなかったんじゃなかろうか。

 印象的な描写がある。その島田さんが、障害者野球チーム・東京ブルーサンダースを初めて訪れた時のこと。両親も弟も、心配半分、応援半分でグラウンドまで一緒に来ていたんだけど、最初のノックを――健常者ならどうってことない平凡なフライを――島田さんが無事キャッチした次の瞬間の両親を描いた場面だ。
《 「おとうさん、おとうさん、ヤスユキが捕ったよ」と叫びながら、幾度も夫の肩を揺すって驚喜した。ふと、とよ子は息子から目を離し、無言のままでいる夫の横顔を見た。夫は、泣いていた。事故のときも泣かなかった夫が、いま泣いていた 》。

 なんでこんなにいい本が――障害を持った人たちだけでなく、僕ら健常者にも大きな勇気を与えてくれるこんな名著が――絶版なんだ!? 書店員としては勿論、一読者、一スポーツファンとしても、復刊を強く激しく希望したい。

 とまぁ今月は図らずも、ハンディキャップを抱えていながら、それをものともせずに生きる人たちの本を、四つ立て続けに紹介することになった。これらのどの登場人物を見ても、その肉体的な、そして精神的な強さに、何か高い山でも仰ぎ見るような気持ちになるのだけれど、考えてみればハンデとは、強いからこそ課されるのである。試しに広辞苑で「ハンディキャップ」を引いてみると、《 不利な条件 》という語義は実は二番目で、その前に、《 競技などで、優劣を平均するために、優秀な者に課する負担条件 》という第一義が載っている。言われてみれば、ゴルフでも競馬でも、強い者ほど重いハンデを課されるし、将棋には強い者が最初っから飛車や角を抜く「駒落ち」がある。ハンディキャップは《 優秀な者に課される 》のである。



a0304335_21451857.jpg


『息を聴け』冨田篤 新潮社 9784103024514 1,300円+税(絶版)
『弟は僕のヒーロー』ジャコモ・マッツァリオール/ 関口英子 訳 小学館 9784093885423 1,500円+税
『火車』宮部みゆき 新潮文庫 9784101369181 990円+税
『風が吹いたり、花が散ったり』朝倉宏景 講談社 9784062205344 1,350円+税
『虚無への供物』中井英夫 講談社文庫 上9784062739955 下9784062739962 各750円+税
『獄門島』横溝正史 角川文庫 9784041304037 560円+税
『ジェノサイド』高野和明 角川文庫 上9784041011263 600円+税 下9784041011270 640円+税
『十角館の殺人』綾辻行人 講談社文庫 9784062758574 750円+税
『占星術殺人事件』島田荘司 講談社文庫 9784062775038 838円+税
『大誘拐』天藤真 創元推理文庫 9784488408091 840円+税
『D坂の殺人』江戸川乱歩 創元推理文庫 9784488401023 520円+税
『点と線』松本清張 新潮文庫 9784101109183 520円+税
『ドグラ・マグラ』夢野久作 角川文庫 上9784041366035 520円+税 下9784041366042 640円+税
『4アウト』平山譲 新潮社 9784103003717 1,400円+税(絶版)
『本陣殺人事件』横溝正史 角川文庫 9784041304082 640円+税
『魍魎の匣』京極夏彦 講談社文庫 9784062646673 1,350円+税



a0304335_21520035.jpg


a0304335_21521445.jpg


a0304335_21522914.jpg


a0304335_21523966.jpg


a0304335_21525191.jpg




編集後記
a0304335_21531625.jpg




連載四コマ「本屋日和」
a0304335_21534833.jpg




7月のイベントカレンダー
a0304335_21543058.jpg




















.

[PR]
by dokusho-biyori | 2017-07-09 21:00 | バックナンバー | Comments(0)