読書日和

dokushobi.exblog.jp

「読書日和」備忘録

ブログトップ

<   2015年 07月 ( 5 )   > この月の画像一覧

15年08月

a0304335_21544897.jpg
a0304335_21545625.jpg
a0304335_2155359.jpg




『ゲームセットにはまだ早い』須賀しのぶ
幻冬舎 9784344026490 ¥1,400+税


プロ野球選手になりそこねるも今もその夢をあきらめきれない高階圭輔。嫌々会社の野球チームのマネージャーに任命された無気力な女子・安東心花。家族を養う父親と、弱小チームの主将という立場の狭間で悩むベテランエースのクニさん、将来を期待されるも、身体も心もボロボロになり二度と投げられなくなってしまった元プロ野球選手の直海隼人。そんな寄せ集めのメンバーが、個性豊かな監督・片桐のもとで、自らの再生を試みる。野球を知らない人にも120%楽しめる、大人のための青春小説!(幻冬舎HPより)

a0304335_21562243.jpg

〝キング・カズ 〟 こと、サッカーの三浦和良選手のことを考えている。日本人で「キング」を冠して呼ばれたのは、カズの他には多分、キングギドラぐらいではあるまいか(人じゃないけど)。カズはかつて、間違いなくキングだった。彼がいなかったら、日本代表を始めとするサッカー人気は、今ほど定着してはいなかっただろう。

 それほどの選手が現在、40代半ばを過ぎても現役にこだわり、格下のJ2で、しかも必ずしもレギュラーとは言い難い立場にもかかわらず、実に楽しげにピッチを走り回っている。その溌剌としたプレーからは、サッカーがとにかく好きだってのが理屈抜きに伝わってくるし、「好き」なことに妥協しない姿に励まされたような気になるのは、サッカーファンだけに限るまい。しかし、そうなるまでに恐らく彼は、人知れず様々な葛藤を乗り越え、同時に幾つもの覚悟を自らに強いてきたに違いない。

 そんなことを思いつつ、『ゲームセットにはまだ早い』を読み終えた。これはサッカーではなく野球の小説だけれども、カズのように「好き」を諦めない登場人物たちに、勇気づけられる読者は決して少なくない筈だ。

 学生時代には№1スラッガーとまで騒がれた高階圭輔。怪我でドラフトから漏れ、実業団の強豪チームで捲土重来を期していた四年目の春、不況のあおりで野球部の廃部が決定する。いつかはプロで、という夢を抱いて野球を続けてきた高階だが、プロはおろか、他の実業団でさえ獲得に名乗りを挙げるチームはない。そんな野球人生の瀬戸際に、かろうじて声をかけてくれたのは、新潟にある発足間もない弱小クラブチームだった……。

 壁を乗り越えて夢を追う。世間の評価ではなく自分の価値観で道を決める。そういう生き方は恰好イイ。だけどそうやって生きていくには、無責任に騒ぎ立てる周囲には絶対に解らない、辛さや難しさがきっとある。ましてや我らが高階は、プロ入り確実と言われていた 〝 元・逸材 〟 だ。プライドだってあるだろうし、不遇感から屈折した感情が燻っていたりもするだろう。しかし、それでも野球にしがみつく。
 彼だけではない。不完全燃焼のまま過去を引きずっている様々な野球人が、三香田ヴィクトリーというクラブチームに吸い寄せられるようにして集結する。かつて甲子園を沸かせた元・名監督、ドラ1で巨人に入りながら二年足らずで解雇された元・本格派、学生時代、人間関係をこじらせて二軍に甘んじ続けた元・頭脳派キャッチャー、etc……。

 そしてそんな元・腕利きたちを、地元商店街のおっちゃん、おばちゃん連中が、時に辛辣な野次を浴びせかけ、時にやんやと喝采しながら、人肌の温かさで支援する。とある町工場のオヤジは言う。

「人生には、努力が報われないことはいくらでもある。なんの才能もない人間でも、ただ堅実に努力を続けていればいつかは報われると信じてやってきて、それでもどうにもならないことってのはあるんだ。(中略)そういう人間でも、ぎりぎりまでやれるだけやったと思えれば、それはひとつの誇りになるんだ」

 好きこそものの上手なり、とは言うものの、「好き」なだけで続けられるほど、人生も世の中も甘くはない。子どもの頃には大好きだったのに、今は見向きもされずに埃をかぶっている「好き」が、誰の胸にもきっと幾つかは在る筈だ。大人になるとはそういうことだと割り切って、僕らはみんな生きている。だからこそ、自分自身に嘘をつかずに、「好き」を追いかけ続ける三香田ヴィクトリーの面々を、僕は拳を握って応援せずにはいられなかった。

 あのイチロー選手のインタビューをまとめた『イチロー、聖地へ』という本がある。(石田雄太著、文春文庫)。その中の一節を、ちょっと紹介してみたくなった。

「かつて、自分に与えられた最大の才能は何だと思うか、とイチローに聞いたことがある。彼は『たとえ4打席ノーヒットでも、5打席目が回ってきて欲しいと思える気持ちかな』と言った」

 プライドも世間体も封印して、一度は捨てた夢に往生際悪くしがみつく。そんな三香田ヴィクトリーの 〝 5打席目 〟 を、須賀さんが渾身の野球愛と、圧倒的な表現力で描き切った大人のための青春小説。『ゲームセットにはまだ早い』とは、そういう小説だと思う。(沢田史郎)



『放課後に死者は戻る』秋吉理香子
双葉社 9784575238839 ¥1,400+税


病院で目が覚めると、冴えないオタクだった僕の見た目は、イケメンの姿に変わっていた。そうだ、教室の机に入れられた手紙で呼び出され、僕は誰かに崖から突き落とされたのだった……助けに入ったイケメンと一緒に。退院した僕は、元いたクラスに転校生として潜入した。一体、誰が僕を殺したのか? 僕は、僕を殺したクラスメイト探しを始める――。(双葉社HPより)

a0304335_21595337.jpg

 死んだ人間が蘇ったり幽霊になったりして、謎を解いたり無念を晴らしたりするのは、個人的には大好きな設定。とは言え実は割とよく見るタイプでもあって、本筋以外のエピソードや人物造形で工夫が無いと、意外と退屈だったりするのだけれど、『放課後に死者は戻る』の場合は、さてどうか。

 主人公は鉄オタのネクラな高校生で、学校でイジメられてる訳じゃないけど、誰にも相手にされていない。その小山のぶおが、或る日、崖から誰かに突き落とされて命を奪われた……と思ったら、のぶおを助けようとして一緒に落っこちてしまった見知らぬイケメン高校生の、中身だけがのぶおになっていた!?
 巻き添えで死んでしまったイケメン君には申し訳ないけれど、暫く彼の体を借りて、自分を殺した奴を探してやろうと決意したのぶおは、イケメン高校生の高橋真治として、生前に通っていた学校に舞い戻る。

 といったところまでが第一幕で、物語は「のぶおを崖から突き落としたのは誰なのか?」という謎を主軸に進んでいく訳だけれども、それを探りながら高橋真治として生きるのぶおが、仲間をつくって他愛無い会話で盛り上がったり、文化祭の準備にクラスの一員として参加したり、目立たないけど気持ちの優しい女子に淡い恋心を抱いたり、つまり、小山のぶおだった時にはどうしても出来なかった、高校生らしい生活をおっかなびっくり体験してゆく描写がいい。更には、小山のぶおという人間を計らずも他者の目で見直すことになって、彼(=自分)に足りなかったものが何なのかに気付いてゆく、その過程が切なくも爽やかで、青春小説ファンなら堪らない筈。例えば次は、クラスの人気者の意外な面倒見の良さを知った時の、のぶおの述懐。

「ふと気がついた。僕はずっと、外見で暗いと判断されることに不条理を感じていた。でも、僕だって同じことをしてたじゃないか。外見がいいから鼻持ちならない奴だって決めつけて、近づこうともしなかった」

この場面、かつては味わうことが出来なかった友情めいたものの清々しさに途惑いながらもワクワクする内面が伝わってくるのと同時に、小山のぶおとして生きているうちに気付けていれば……という悔恨も溢れていて、死者ながらもその成長を、誰もが温かく見守ってやりたくなるだろう。この作品に、仮に謎解きの要素が無くっても、不器用な高校生が少しずつ友だちを増やしていく友情小説として、充分に読者を感動させることが出来るのではあるまいか。

 ここで、いい機会だから「怖くない幽霊」系の傑作を、幾つか紹介しておきたい。

 高野和明『幽霊人命救助隊』(文春文庫)は、僕のオールタイム・ベスト1。自殺した四人の男女の幽霊が、浮かばれない霊となって地上に舞い戻り、自殺志願者100人の命を救うために奔走する。「未来が定まっていない以上、すべての絶望は勘違いである」という一言は、日本文学史に永遠に刻みつけられるべき名セリフ。

 越谷オサム『ボーナス・トラック』(創元推理文庫)の主人公は、ひき逃げで命を奪われた青年の霊。いわゆる「見えてしまう」体質のファストフード店員と知り合って意気投合し、二人でひき逃げ犯を探す、という話。笑って笑って最後に泣ける。この著者、若者が仲良く何かに熱中する話を描かせるとピカイチです。

 梶尾真治『黄泉がえり』(新潮文庫)は、死者が生前の姿で蘇って来る話だから、幽霊と言うよりはゾンビだけど、多分、世界一泣けるゾンビの本。死後、遺された人たちに「寂しい」と強く思われた者だけが、ごく僅かな期間、甦って心残りを清算する。本人も周囲も、お互いをどれだけ大切に思っていたかを再確認してゆく過程が、とにかくひたすら温かい。長らく版元品切れだけど、何卒、重版して下さい。

 フレドゥン・キアンプール『この世の涯てまで、よろしく』(酒寄進一 訳/東京創元社)は、五十年前に死んだ青年ピアニストが現代に甦り、音楽学校の生徒たちと学生生活をエンジョイする。その学生たちの弾けっぷりがとにかく楽しい青春小説かと思いきや、切なく美しいラストにびっくり。こちらも品切れが続いていたけど、九月に『幽霊ピアニスト事件』と改題されて、創元推理文庫になるそうです。めでたしめでたし。(沢田史郎)



a0304335_22181123.jpg


世界の果てのこどもたち』中脇初枝
講談社 9784062195393 ¥1,600+税

『きみはいい子』の中脇さんが挑んだ、戦中、戦後の70年。満州で出逢った三人の少女たちの生涯を通して、戦争が子どもたちから、如何に多くのものを奪うかを、これでもかというぐらいに描き切る。

『ワンダー』R.J.パラシオ/中井はるの[訳]
ほるぷ出版 9784593534951 ¥1,500+税

 遺伝的な病気で、顔に重大な障害をもって生まれてきたオーガスト。彼と、彼をとりまく人々の複数の視点で、差別とは何か? 優しさとは何か? そして勇気とは何か? を問いかける。平易な日本語で、小学校高学年ぐらいから読めそうです。

a0304335_227911.jpg


『雲は湧き、光あふれて』須賀しのぶ
集英社オレンジ文庫 9784086800297 ¥540+税

 もう一つ、須賀しのぶさんの野球小説。高校野球を題材にした三つの中編。まさか「代走」を主人公に小説が出来るとは思わなかったよ。

『生還者』下村敦史
講談社 9784062196116 ¥1,600+税

 去年絶賛した乱歩賞作家、下村さん。今度はヒマラヤの高峰を舞台にしたミステリー。相変わらず、研ぎ澄ましたような日本語は健在。笹本稜平さんの山岳小説が好きな人は、本書もきっと楽しめます。

『火星の話』小嶋陽太郎
KADOKAWA 9784041028346 ¥1,400+税

 内乱を避けて火星からやって来たと公言する不思議ちゃんと、思いがけず彼女と仲良くなった主人公。二人の、風変わりな恋を、あっけらかんと描いた青春小説。終盤、隠し味的な切なさがグッとくる。



(*`▽´*) (∩.∩) ┐(´ー)┌ (*´∀`) (*`▽´*) (∩.∩) ┐(´ー)┌ (*´∀`) 

以下、出版情報は『読書日和 08月号』製作時のもです。タイトル、価格、発売日など変更になっているかも知れませんので、ご注意ください。


a0304335_2210487.jpg
a0304335_2211160.jpg
a0304335_22111489.jpg

a0304335_22115986.jpg
a0304335_22122286.jpg
a0304335_22123658.jpg
a0304335_2212493.jpg
a0304335_2213791.jpg




編集後記
a0304335_2219382.jpg




連載四コマ「本屋日和」
a0304335_22193819.jpg

[PR]
by dokusho-biyori | 2015-07-28 22:20 | バックナンバー | Comments(0)

須賀しのぶ三昧

まぁそんな訳で、
須賀しのぶさん『雲は湧き、光あふれて』(集英社オレンジ文庫)が期待にたがわず面白かった為に、勢いと気まぐれで、高校野球フェアなんぞを開催してしまった訳ですが。
a0304335_13423316.jpg



そのまた更に勢いで、『ゲームセットにはまだ早い』(幻冬舎)も一気に読了してしまったでござる。


いやぁ、須賀さん、野球大好きだね(笑)! それが行間からビシバシ伝わって来る。例えば次は、主人公が練習試合で久し振りにホームランを打った直後の描写。ちょっと長いけど引いてみます。


 スタンドからの歓声。コーチャー、そして味方ベンチの喜ぶ様。この瞬間、打者は球場の、いや世界の中心にいる。
 ホームランは魔法だ。野球というスポーツの、最大の魔法。
 緊迫した場面のタイムリーヒットも、それは素晴らしいものだ。投手の熱投も、神がかった守備も、宝石のように美しい。その中でも、ホームランはとびっきりの特別だ。たった一振り、たった数秒で、空気を全て塗り替えてしまう。
 ゆっくり高く舞い上がるもの、弾丸のようにスタンドに飛んでいくもの。ホームランにはいろいろあるが、共通しているのは、それはバットから離れた瞬間に、ボールであってボールでないものになるということだ。
 息詰まる接戦だろうが、楽勝試合だろうが、大差で負けていようが、ホームランは誰もが目を奪われる。魔法にかかる。長い試合時間の中で、その一瞬だけは止まり、切り取られる。どんなに重い空気も吹き飛ばし、ツキをこちらに引き寄せる。



詳しい感想は、『読書日和』の8月号(7月下旬刊行)に書こうと思うけど、マジ、何か所も何か所も、肌が泡立つような感動を覚えました。例えば映画『フィールド・オブ・ドリームス』とか『マネー・ボール』なんかが好きな人なら、きっと夢中になって読める筈。

それにしても、続きがめっちゃ読みたいんだが、須賀さん、書いてくれんもんかな。
a0304335_1425122.jpg

[PR]
by dokusho-biyori | 2015-07-19 14:06 | サワダのひとりごと | Comments(0)

栄冠は君に輝く

昨日あたりから通勤の途中で、
野球部の応援に行くらしき高校生の集団を見かけます。
いよいよ夏本番、ですな。

強い高校もそうでもない高校も、精一杯実力を出し切って欲しいと思います。

そんな訳で、高校野球の本、集めました。
多分、8月いっぱいぐらいは展開しております。

a0304335_846588.jpg
a0304335_8461060.jpg
a0304335_8461660.jpg
a0304335_8463539.jpg
a0304335_8463985.jpg
a0304335_8464429.jpg
a0304335_8464993.jpg
a0304335_8465441.jpg
a0304335_8465847.jpg
a0304335_847322.jpg
a0304335_847792.jpg
a0304335_8471163.jpg
a0304335_8471645.jpg
a0304335_8472422.jpg

a0304335_8501541.jpg

[PR]
by dokusho-biyori | 2015-07-12 08:50 | 過去のフェア | Comments(0)

栄冠は君に輝く

7月17日発売予定、
須賀しのぶさんの『雲は湧き、光あふれて』(集英社オレンジ文庫)
に触発されて、高校野球小説フェアなんぞを準備中。

多分、今週中に店頭展開できるのではなかろうか。

a0304335_2384221.jpg


展開が完了したら、改めてお知らせします。
[PR]
by dokusho-biyori | 2015-07-02 23:09 | サワダのひとりごと | Comments(0)

15年07月

a0304335_22502773.jpg
a0304335_22504013.jpg
a0304335_22505214.jpg


『喜知次』乙川優三郎 徳間文庫 9784198939779 ¥710+税
菊枕は頭痛持ちにきくというので先祖が植えた菊が咲き、花を摘み始める頃、妹ができた。日野小太郎は五百石の祐筆の嫡男だ。赤い頬の妹を”喜知次”と呼んだ。友人の牛尾台助の父は郡方で、百姓の動き不穏のため、帰宅が遅い。少年の日々に陰を落とすのは、権力を巡る派閥闘争だった。幼なじみの鈴木猪平の父親が暗殺される。武士として藩政改革に目覚めた小太郎の成長に、猪平が心に秘めた敵討ちと喜知次への恋心を絡めて、清冽に描く傑作時代小説。 (徳間書店HPより)

a0304335_1002941.jpg

「少年小説」という言い方があるのかどうか知らないし、あったとしてもその定義も分からないんだけど、とにかく、大人への道のりを歩き始めた少年(もしくは少女)が主人公で、子ども時代への惜別の情とか、未来に対する期待と不安とか、或いは子どものままではいられなくなる焦り等などを、丁寧に辿っている物語が無性に好きです。以下思い付くままに順不同。

まずは重松清さんの初期の代表作『エイジ』(新潮文庫)は絶対に外せない。そして、池永陽さんの『少年時代』(双葉文庫)は決して有名な作品ではないけれど、否応無く大人の入り口に立たされて思わず尻ごみするような少年の心理描写が秀逸。湯本香樹実さんの『夏の庭―The Friends―』(新潮文庫)は、ホースで水を撒きながらそこに小さな虹を見つける場面が、何度読んでも清々しい。曰く
「太陽の光の七つの色。それはいつもは見えないけれど、たったひと筋の水の流れによって姿を現す。光はもともとあったのに、その色は隠れていたのだ。たぶん、この世界には隠れているもの、見えないものがいっぱいあるんだろう」

或いは、人によっては川上健一さんの『翼はいつまでも』(集英社文庫)山本幸久さんの『幸福ロケット』(ポプラ文庫)を挙げるかも知れないし、小説じゃないけどジブリの『魔女の宅急便』とか藤子不二雄Aさんの『少年時代』(中央公論新社)なんかも、同じ範疇に入るんじゃなかろうか。

 で、そんな「少年小説」の中でも名作中の名作が藤沢周平さんの『蝉しぐれ』(文春文庫)で、その『蝉しぐれ』に比肩しうる傑作であるにも関わらず長らく品切れで入手困難だった乙川優三郎さんの『喜知次』が、この度徳間文庫で蘇ったぞパチパチパチ! という報告です。

 舞台ははっきり書いてはいないけど、多分南東北あたりでしょうか。十二万石の小藩で、石高五百石と言うから相当な家柄のお武家さん。主人公の小太郎は、そこの長男坊で十二歳。塾と道場での同門である、牛尾台助、鈴木猪平とともに、長閑で平和な毎日を謳歌している。ところがそんな彼らの知らない間に、藩では凄まじい政争の嵐が吹き荒れていて、まだまだ子どものつもりでいた小太郎たちも、否応無く巻き込まれていく。
 とまぁ、筋だけ説明すればそういう話なんだけど、意志とは無関係に大人への階段を上らされる小太郎たちの動揺が微に入り細にわたって描かれていて、それこそが本書の一番の読みどころではないかろうか。ちと長いけど、思い切って引用する。

「ようやくすすむべき道を見つけたというのに、小太郎はまるで掛け替えのないものを失ったような寂寥を感じていた。脳裏に浮かんでくるのは、台助と竜神社の境内でこっそり田楽を食べたり、猪平とわけもなく体をつつき合ったり、河原に寝そべりながら話していたころのことで、無性に懐かしく思われてならなかった。失ったと思ったのはそういうものかも知れず、もしかすると、となりで押し黙っている台助も同じことを感じているのかも知れなかった」

 この、いつまでも子どものままではいられないんだなと気付いてしまった時の、何とも言えない寂しさや切なさ。そういう感情がこの作品には、まるで澄み切った清流の如くに、全編に渡って流れ続けている。そしてその水を透かして、幼い恋心や幼馴染みの友情が淡く見え隠れして、更に、くだんの「政争」の行方が物語を牽引する。まぁ、早い話が、読んでいてまるで飽きない。

 決して小難しい歴史的背景が出てくる訳ではないので、今まで時代物を敬遠して来た人でも、多分本書なら読めると思うし、ましてや、冒頭で挙げた幾つかの少年小説のうち一つでも好きな作品があれば是非とも『喜知次』も読んでみて欲しい。(沢田史郎)



『カカシの夏休み』重松清 文春文庫 9784167669010 ¥629+税
ダムの底に沈んだ故郷を出て二十年、旧友の死が三十代も半ばを過ぎた同級生たちを再会させた。帰りたい、あの場所に——。家庭に仕事に難題を抱え、人生の重みに喘(あえ)ぐ者たちを、励ましに満ちた視線で描く表題作始め三編を収録。現代の家族、教育をテーマに次々と話題作を発信し続ける著者の記念碑的作品集。(文藝春秋HPより)

a0304335_1017476.jpg

 重松清さんが描く少年少女は、セリフ一つ、挙動の一つがいちいちナチュラルで、「大人が描いた子ども」に在りがちなウソ臭さや操り人形的な感じがまるで無い。前項でチラッと触れた『エイジ』(新潮文庫)なんかはその代表で、能天気にはしゃぎ回る子どもっぽさと、大人扱いして欲しくって精一杯背伸びするいじらしさが同居する中学生という年頃が、まるで目の前にいるかのように躍動する。『ナイフ』(同)『きよしこ』(同)『きみの友だち』(同)等など、子どもを描かせたら重松さんは、日本でも指折りの小説家だと思う。

 その重松文学にはもう一つ柱が在ると個人的には思っていて、それが「中年もの」とでも言うべき作品群。現在の生活に特別な不満がある訳ではないけれど、幸せだと胸を張るには何故かためらいがあって、仕事が忙しいとか寝不足だとかとは違う種類の疲れを、心と体のどこかにいつも抱えて生きている。そんなおっさんやおばさんを主人公にした物語が、例えば直木賞の『ビタミンF』(同)『日曜日の夕刊』(同)『トワイライト』(文春文庫)『口笛吹いて』(同)等などで、いやはや刺さるんだな、これが。

 今回紹介する「カカシの夏休み」は、三つの中編が収められた作品集の、表題作。
 小学校の教師をしている三十七歳の「僕」のところに、或る日、同級生の訃報が届く。その告別式で再会したのは、故郷の日羽山の中学で一緒に過ごした三人の仲間たち。「僕」らの故郷がダムに沈んで、村の人間が皆ちりじりになって以来、二十二年ぶりの再会だった……。
 ところがカラ梅雨と猛暑の影響で、そのダムの水位が日ごとに下がっているという。
「驚くなよ、コンタ(※ 僕の中学時代のあだ名)。日羽山ダム、空っぽになるかもしれないぞ」
ってことはもしかして、故郷がダムの底から姿を現すかも知れない!?

 という本筋が謂わば大人のファンタジーだとしたら、並行して描かれるのは、「僕」らが背負う苦い現実。倒産が囁かれる会社で四苦八苦するシュウ。嫁姑が揉めに揉めた末に離婚したアダ。父親の借金で一家離散したユミ。そしてコンタこと「僕」も、受け持つクラスが崩壊の一歩手前で、教頭やPTAからチクチクと小突かれて息切れするような毎日を送っている。
 大河を泳ぎ渡ろうと飛び込んではみたものの息継ぎするだけで精一杯で、自分が進んでいる方向まで考える余裕も無く、ただやみくもに手足をばたつかせている三十七歳の自分など、中学の時には想像することすら出来なかった……。

 だけれども、ギブアップはしない。決してスマートでもないしお洒落でもない。勿論、全然恰好良くもない。それでも、痩せ我慢して笑ってみせる。そんな泥臭い闘いを繰り広げるおっさん、おばさんたちこそが、重松さんの「中年もの」の魅力だろう

 ここに、南直哉さんというお坊さんが書いた『なぜこんなに生きにくいのか』(新潮文庫)という本がある。重松イズムと大きく重なると思ったので唐突だけれども紹介しておく。

「おまえもそのうちわかるだろうが、お父さんみたいになるのだって大変だぜ。お父さんは一生懸命努力して、やっとこの程度だ。お父さんみたいになりたくない、それはそれでいい。しかし、お父さんみたいになるところまで行くのは並大抵じゃないんだよ」

 話が逸れまくったけれども要するに、明日から再び現実を相手に鎬を削る覚悟を決めて、「僕」らが手にした一日だけの人生の夏休み。夜の高速をひた走る彼らの車が、まぶたの裏に浮かんで来るようなラスト二ページは、重松作品の中でも一、二を争う名場面。なんか最近疲れてるな。そう思ったら重松清。下手なビタミン剤よりもよく効きます!(沢田史郎)



(*`▽´*) (∩.∩) ┐(´ー)┌ (*´∀`) (*`▽´*) (∩.∩) ┐(´ー)┌ (*´∀`) 

以下、出版情報は『読書日和 07月号』製作時のもです。タイトル、価格、発売日など変更になっているかも知れませんので、ご注意ください。




a0304335_10244470.jpg
a0304335_10245587.jpg
a0304335_10251053.jpg
a0304335_10251987.jpg
a0304335_10252725.jpg
a0304335_10253893.jpg
a0304335_10255766.jpg
a0304335_1026570.jpg
a0304335_10261639.jpg
a0304335_10262468.jpg




編集後記
a0304335_10271156.jpg




連載四コマ「本屋日和」
a0304335_10272890.jpg

[PR]
by dokusho-biyori | 2015-07-02 22:55 | バックナンバー | Comments(0)