読書日和

dokushobi.exblog.jp

「読書日和」備忘録

ブログトップ

<   2015年 04月 ( 5 )   > この月の画像一覧

『息を聴け』続報

こんにちは。

先月紹介した『息を聴け』(冨田篤、新潮社)なんですが、
どうやら、絶版になっちゃってるみたいです。
個人的には、今年最も残念なニュースかも。

だけど、その代わりと言ってはなんですが、
『息を聴け』の中で主役を務めた熊本盲学校アンサンブル部の皆さんが、
まさに全国大会で金賞を獲った時の映像がネットに上がってました!

この本を初めて読んだ2006年からずーっと、
一度でいいから聴いてみたいと思っていたけど、漸く聴けた!

これ音だけ聴いてると、視覚障害を持った生徒の演奏とはとても思えん。
映像だと、目を全く使っていない様子は見てとれますね。

いいなぁ、楽器が出来るって。

って言うか、どこの版元でも構わんから、
この本、復刊するなり文庫化するなりしておくれんかな、もし。
[PR]
by dokusho-biyori | 2015-04-30 22:37 | サワダのひとりごと | Comments(0)

15年05月

a0304335_1721677.jpg
a0304335_17212593.jpg
a0304335_17213762.jpg




『イザベルに ある曼荼羅』アントニオ・タブッキ/和田忠彦 訳 河出書房新社 9784309206714 ¥2,000+税

a0304335_1727911.jpg

日本でも古い町並みが残る街に行くと、たびたびあることだけれど、海外、特にヨーロッパはいたるところに数百年の歴史を持つ建物が普通に使われていたりするから、もっと頻繁に不思議な感覚におちいることがあります。
それは、なぜか歩いているうちに自分自身生きている感覚が希薄になってきて、生と死の境目が非常にあやふやになってくるというものです。
何というかうまく言えないのだけれど、街を歩いているといたるところに死者がいるような気がしてくるし、生者と死者の境目がよくわからなくなってくると言うか……。いや、死者って言ってもはっきり幽霊みたいなものではなく、あらゆる人たちが生きていた気配みたいなものなのだけど、そういうものが古い街に行けば行くほど、濃厚な気がするのですね。

タブッキの作品に出てくる主人公は、みんなそんな感覚を生きているように思います。
遺作となったこの『イザベルに ある曼荼羅』も本当にそうで、実際彼らが生きた人物なのかどうなのか、そんなことはたいした問題ではないような気すらしてきます。この作品はタブッキの傑作『レクイエム』(白水Uブックス)と連作になっていて、レクイエムで登場したイザベルがこの物語のキーとなる「イザベル」になるし、死のまぎわ「何もかも帯状疱疹のせいだ」という謎のメモを書き残したタデウシュもでてきます。
タブッキファンにはたまらんのです。

レクイエムでは主人公は次々と死者に会い、最後には敬愛する詩人ペソアに会うのですが、この本でもイザベルに会うまでにたくさんの死者たちに会い、捜索する過程が描かれていきます。それは謎解きのようなスリルもあるし、ひとつひとつ明らかになってゆくイザベルの痕跡や行程も非常におもしろい。
わたしたちは何が現実で何が幻想なのか、とまどいながらも一歩一歩イザベルの紡いだ曼荼羅に取り込まれてゆくしくみです。

思うに現実の社会でもそうではないでしょうか。
わたしたちは何が本当で何が虚構なのか、何が真実で何が空想なのか、実はとっても曖昧なラインで生きていたりしませんか。そんな中で一日一日をめまぐるしい感情に左右されながらも、知らないうちに大きな大きな曼荼羅に取り込まれていっている。そしてそんなこと気づきもしないで、何事もなかったかのように死ぬのではないかと……。タブッキを読んでいるとそんなふうに思えてきて、わたしはことさら気持ちがゆったりするのです。

それにタブッキ作品に出てくる人々は生者も死者もみんな魅力的。おかしな話ですが生き生きとしています。食べたり飲んだりの描写はどこまでも生々しくておなかがすきます。残念ながら今回はそんなにたくさん食べ物の描写は出てこないのですが、それでも後半に登場するインド料理とかバーでたのむマンダリンオレンジのリキュールなんか、とても美味しそうでたまりません。
こういう場面があるだけで、わたしたちは十分生きてゆける。そういうふうにいつか曼荼羅に取り込まれたいと思っています。もちろん知らないうちに。(酒井七海)



『包囲』ヘレン・ダンモア/小泉博一 訳 国書刊行会 9784336056351 ¥2,400+税

 1941年9月、レニングラード。ヒットラーにより包囲されたこの都市は、その歴史上もっとも絶望的な冬に突入した。厳寒と飢餓が牙を剥く、筆舌に尽くしがたい状況下、愛し合う二組の男女にとって、生存を賭けた、希望の火を燈し続けるための闘いが始まる。(国書刊行会HPより)

『戦火のシンフォニー レニングラード封鎖345日目の真実』ひのまどか 新潮社 9784103354512 ¥1,800+税

 1942年、ナチスドイツに完全包囲され、すべてのライフラインを断たれた古都レニングラード――砲弾の雨、強奪、凍死、餓死、人肉食……。想像を絶する地獄絵図の中で、ショスタコーヴィチの交響曲第七番を演奏する人たちがいた! なぜそこまでして? 何のために? 平和を愛するすべての人に贈る、驚愕と感動の記録!(新潮社HPより)

a0304335_17281611.jpg

 レニングラード封鎖――第二次大戦中の1941年9月から1944年1月まで、ドイツ軍がソ連第二の都市レニングラード(現サンクトペテルブルク)を包囲し続けた戦闘をそう呼ぶそうです。日本流に言えば、兵糧攻めってやつですね。但し、北緯60度近いレニングラードの場合、氷点下40℃にもなる極寒の冬を越さねばならず、その為には石油や石炭、薪などの燃料も不可欠なのだけど、封鎖されてる以上、食料だけでなくそういったあらゆる生活物資が入って来なくなる訳で、しかもそれが900日ですから、芸術の都だった筈の古都は、そりゃあもう阿鼻叫喚だったらしいです。
 家畜やペットはもとより、ネズミやカラスまで獲り尽くし、ベルトや椅子の座面などの革製品も食べ尽くし、そして遂には人肉食が……。最初は密かに、餓死者の体から肉を削いで持ち帰るといった行為が、いつしかエスカレートして、力の弱い子供がさらわれて、その肉が「何かの肉」として闇で出回る。我が子を亡くした母親が錯乱の果てにその子を食べてしまったなどという悲劇も枚挙に暇がなく、また、栄養が不足しているだけにちょっとした風邪でも命取りになったようで、市民、軍人併せて350万人の居住者の内、公式発表で67万人、実際は100万人以上が命を落としたと言われています。

 ヘレン・ダンモア『包囲』(小泉博一訳/国書刊行会)は、そんな地獄絵図の中での、恋の物語。とは言え、描かれるのは餓死、凍死、病死、自殺。死、また死。ピーク時には、レニングラード全体で一日の死者4,000人! どうにか生きながらえている人々も、配給を受け取る為の僅か数百メートルの外出でさえ、途中で何度も気を失いかけるほどの栄養失調。暖房が無い為に、夜は「氷の山でビバークを余儀なくされた登山者のように、冬のコートのなかに小さく丸まって、ただ、からだを休めるだけ」といった具合。
 それでも、主人公のアンナとアンドレイは、お互いを気遣いながら、共に生きることを諦めない。それが、凄い。俺なら、多分、とっくに投げてる。
 衰弱したアンナが、パンを分けてくれようとする知人の申し出を断る場面がある。もしここで甘えてしまえば「それは、自分の身内に潜むオオカミを喚び起こすことになるだろう」とはつまり、一度貰ってしてしまえばきっと一度だけでは我慢出来ないし、いずれは暴力に訴えてでも手に入れようとするに違いない。そういう恐怖があったのだろう。
 この物語は、極限状況の許で必死に人間らしさを保とうとする若き恋人たちの、生存をかけた戦いの物語なのだと思う。

 そして、ひのまどか『戦火のシンフォニー』(新潮社)はナント、ソ連が世界に誇る大作曲家・ショスタコーヴィチの交響曲第七番「レニングラード」を、まさに封鎖下のレニングラードで演奏し、しかもラジオで世界に向けて中継までしたという、驚くべきノンフィクション。
 飢えと寒さで明日にも命が危ないという状況で、クラシック音楽の演奏が、一体何の役に立つと言うのか? 勿論国家は、即ちスターリンは、対独戦争の為のプロパガンダとして、レニングラードの楽団をとことん利用した。けれども音楽家たちは、そんなことの為に、凍えるようなホールで幾日も練習し、気を失いそうなほどの飢餓を抱えながら演奏した訳では、勿論ない。
 勇気。希望。闘志。そして、誇り。言葉にすればどれも陳腐に聞こえるけれど、たとえどんなに飢えていても、音楽家である以上は演奏を続ける。砲弾で音楽は止められないということを、我々が証明してみせよう。そんな宣言が聞こえてきそうな気高く高潔な姿に、思わずスタンディングオベーション!
 と同時に、やっぱり、誰が何と言おうと、戦争は嫌だと激しく思った。(沢田史郎)



『革命前夜』須賀しのぶ 文藝春秋 9784163902319 ¥1,850+税

 1989年、日本の喧騒を逃れ、ピアノに打ち込むために東ドイツに渡った眞山柊史。彼が留学したドレスデンの音楽大学には、学内の誰もが認める二人の天才ヴァイオリニストがいた。
正確な解釈でどんな難曲でもやすやすと手なづける、イェンツ・シュトライヒ。
奔放な演奏で、圧倒的な個性を見せつけるヴェンツェル・ラカトシュ。
ヴェンツェルに見込まれ、学内の演奏会で彼の伴奏をすることになった眞山は、気まぐれで激しい気性をもつ彼に引きずり回されながらも、彼の音に魅せられていく。冷戦下の東ドイツを舞台に、一人の音楽家の成長を描いた、著者渾身の歴史エンターテイメント。(文藝春秋HPより)

a0304335_17302470.jpg

 1989年という年、僕は359日間は19歳で、最後の6日間は20歳だった。正月早々、昭和天皇が崩御して元号が変わり、4月には消費税が導入された。6月には北京で天安門事件が発生し、8月には連続幼女誘拐殺人事件で宮崎勉が逮捕された。9月には横浜ベイブリッジが開通し、テレビでは、時任三郎が「24時間戦えますか」と繰り返していた。まだまだ日本はバブルだった。
 そしてその年の11月、ベルリンの壁が崩壊した。
 兵士も学生も男も女も、物凄い数の人々が壁によじ登り、肩を組んで喝采を叫ぶ映像に、僕らは、今まさに歴史を目撃しているのだという興奮を抑えることが出来なかった。

 本書の主人公・若きピアニストの眞山柊史がバッハに憧れて東ドイツのドレスデンに留学したのは、そういう時代だった。昭和天皇が崩御した1月7日、移動の車中で現地の職員に新しい元号を知らされて、「ヘイセイ。どう書くのだろう。『平静』ぐらいしか思い浮かばない」と独りごちる場面が冒頭にある。こういう細かい描写の積み重ねによって醸し出される現実感が、この作品には驚くほど多い。
 例えば、ハンガリーからの留学生でラカトシュ・ヴェンツェルという学生が登場する。彼と柊史が初めて出会う場面では、「ヘア・ヴェンツェル」(ヘアは英語のミスターとほぼ同義)と呼びかけた柊史が、「ハンガリーは姓が先だ」と指摘されて、「それは失礼、ヘア・ラカトシュ」と慌てて言い直す、という描写がある。こういうリアリティは、決して、誰にでも書けるものではないと思う。

 さて、物語。音楽の本場に飛び込んだ柊史は、才能豊かな何人もの学生と出逢って、のっけから自信を喪失する。だけならまだしも、周りからは「西側から来た」というだけで遠巻きにされ、簡単には打ち解けて貰えない。世間から薄い膜で隔離されたような疎外感の中で、柊史は、自分の目指す演奏、自分の求める音楽を次第に見失ってゆく。
 そんな或る日、偶然訪れた教会で、天才的なオルガン奏者クリスタ・テートゲスに出逢った彼は、美貌の彼女にほぼ一目ぼれ。しかし彼女にも、西側の人間として最大限に警戒され、取りつく島も無く撃墜される。
 といった学生ものの青春小説なんだけれども、舞台がガチガチの共産国家だという点を忘れてはいけない。その重苦しさ、不自由さ、陰鬱さが、常に物語の上空を暗雲の如く覆っているから、西側に憧れる人々の気持ちとか、監視と密告に常に怯えている空気感とか、国家など端っから信用していない倦怠感とかがジワジワと伝わって来て、だから、休日に小用で西ベルリンに行った柊史が、「映画の画面がモノクロームから急にフルカラーに切り替わったような感覚に襲われた。空気にすら色がついているような気がする」と解放感を味わう気持ちもよく解る。こういう部分の表現力が、この作品はとにかく凄い。
 そして、柊史が演奏に迷ったり恋に焦がれたり遮二無二練習したりしている間にも、民主化の波は静かに、だけど急速にやって来る。当然、彼ら若き音楽家たちも、無関係ではいられない。それどころか、一生に一度の命をかけた選択を迫られる。全てを捨てて西へ行くのか? 残って全てを見届けるのか? ラカトシュは? クリスタは? そして二人が決断する時、柊史は?

 この作品に登場するどの人物も、何かを守る為に必死で戦っている。その何かとは音楽だったり、恋だったり、自由であったり、家族であったりとそれぞれだけど、まるで命を削るような必死さで未来を切り開こうとする若者たちの姿に、読んだ誰もが地鳴りのような感動を呼び起こされるに違いない。
 因みに僕はこの小説を、購入直後の3週間で3回も通読した。それぐらい、深く強く、何度も何度も心が揺さぶられる作品だった。(沢田史郎)



『透明人間は204号室の夢を見る』奥田亜希子 集英社 9784087754254 ¥1,300+税

 暗くて地味、コミュニケーション能力皆無の実緒。奇妙な片思いの先にあるのは破滅か、孤独か、それとも青春か。今までにない感情を抱くことで、新たな作品を生み出す女性作家のグレーな成長小説。(集英社HPより)

a0304335_17321855.jpg

 向上心というヤツが苦手です。もうちょっと正確に言うと、向上心を持たないことを、まるで犯罪であるかの如く弾劾する輩が嫌いです。せっかく生まれてきたんだからより善い生き方を目指して努力しなきゃ、などとしたり顔で言われると、別にこのままでもええやん、誰にも迷惑かけてへんのやしと、何故か怪しげな関西弁で反論したくなります。
 世の中では、前向きに生きること、ポジティブに考えることが義務であるかのような風潮がいつの頃からか主流だけれど、そんなにムキになって、必死こいて、向上しようとしなきゃいけないんか? 昨日より今日、今日より明日、少しでも上に、一歩でも前に……。なんで? 昨日と同じぐらい幸せだったら、それで充分ちゃいますか? 知足――足るを知るって、昔の偉い人も言ってるじゃん。THE BLUE HEARTSだって、『情熱の薔薇』でこう歌ってたよ。
「♪ なるべく小さな幸せと~ なるべく小さな不幸せ~ なるべくいっぱい集めよう~」
そんな気持ちが解る人に、今回の作品を是非とも読んで頂きたい。

 この小説の主人公は感情の表現が不器用で、幼い頃から周囲に「変なヤツ」として遠ざけられて生きてきた。そのせいで、こと人間関係に限っては、これでもかっ! ってぐらいに後ろ向き。何しろ、稀に気になる異性が現れても、自分なんかと関わったら彼の良さが損なわれる、とまで考えるのだから、ネガティブ思考にもほどがある。
 23歳の現在は、一応、小説家ということになっている。だけども十代で新人賞を受賞して華々しくデビューした直後から長いスランプに陥って、今では全く書けないまま、その生活は殆どフリーターと化している。
 そして、そんな実緒が、ちょっとした弾みで、春臣といづみというカップルと知り合った上に、自分の意志とは無関係に、引きずられるようにして距離を縮めていく。
 いづみに誘われて彼女の大学の講義にモグリで出席したり、お礼に自宅に呼んでお酒を飲んだり、二人が喧嘩するところにも居合わせて一生懸命とりなしたり、仲直りした彼らと三人で海に行ったり。そして実緒は思う。「今、この瞬間のことを自分は何度も思い出すだろう」と。そして「いつかは消えゆくとしても、飴玉を噛まずに舐めきるように、自分はきっとこの記憶をしゃぶりつくす」と。
 たかが、友だちと海までドライブしただけの休日を、これほどまでに慈しむ実緒が意地らしいやら切ないやらで、僕は実緒の幸せを願わずにはいられなかった。いや、幸せったってそんな大袈裟なもんじゃないんだよ。友だちと遊んだり恋をしたり、そういうフツーの青春を、遅まきながら送らせてやりたいと、きっと皆さんも思う筈。
 ところがどっこい、そう簡単に大団円は迎えられない。何しろ実緒は「変なヤツ」なのだ。その「変な」部分が見えてしまった途端に、実緒が守ろうとしていたものは破綻する。
 にも関わらず、読後感は極めつけに清々しい。余り言い過ぎては興を削ぐので控えるけれども、ラストシーンで自分が本当に大事にしたいことに気付いた実緒は、多分、自分自身のことを初めて肯定的に受け入れられたんじゃなかろうか。誤解の無いように言い添えておくけれど、それは実緒が前向きになった、という意味ではなく、後ろ向きなら後ろ向きでもいいじゃん、と、自分で自分を認めてあげることが出来た、そういう爽やかさが、読み終わっても暫く胸の中に留まり続けた。
 青春小説としてはかなり風変りではあるけれど、共感する人は決して少なくないと思う。参考までにやや強引に似た傾向の作品を挙げてみると、例えば窪美澄さんの『晴天の迷いクジラ』(新潮文庫)あたりが好きな人なら、『透明人間~』もきっと気に入って貰えるのではなかろうか。後ろ向き、バンザイ!(沢田史郎)



(*`▽´*) (∩.∩) ┐(´ー)┌ (*´∀`) (*`▽´*) (∩.∩) ┐(´ー)┌ (*´∀`) 

以下、出版情報は『読書日和 05月号』製作時のもです。タイトル、価格、発売日など変更になっているかも知れませんので、ご注意ください。


a0304335_17343485.jpg
a0304335_17344056.jpg
a0304335_17344677.jpg
a0304335_17345252.jpg
a0304335_173507.jpg
a0304335_1735594.jpg
a0304335_17351285.jpg
a0304335_17351785.jpg
a0304335_17352394.jpg




酒井七海の「きょうの音楽」
a0304335_1736311.jpg




編集後記
a0304335_17365283.jpg




連載四コマ「本屋日和」
a0304335_1737574.jpg

[PR]
by dokusho-biyori | 2015-04-30 17:37 | バックナンバー | Comments(0)

ランキング

さてさて、皆さんこんばんは。
先日、めでたく本屋大賞が発表されましたね。
『鹿の王』の上橋菜穂子さん、
『その女アレックス』のピエール・ルメートルさん、訳者の橘明美さん
(゜∇゜ノノ”☆(゜∇゜ノノ”☆(゜∇゜ノノ”☆パチパチパチ!!!
おめでとうございます!! 

ところで、以下は文字通りの独り言で、
強いるつもりは毛頭無いんですけどね。

本屋大賞に限らず、各種ランキングや人気投票の順位に
余り振り回され過ぎないで欲しいなぁ、と。

例えば、歌。
TV番組とかCDの売り上げとかのランキングの1位って、
ホントに好きな曲ばっかりですか?
むしろ、好みに合わない曲の方が多くないですか?

或いは、自動車の売り上げランキング。
自分が一番欲しいと思う車が、必ずしも1位とは限らないでしょう?
飲食店の「当店人気No.1」メニューも然り。

これ、考えてみれは当り前なんですね。
どんなジャンルのランキングでも「1位に投票した人の数」よりも
「2位以下のどれかに投票した人の数」の方が多いのが普通です。
別の言い方をすると、
「1位に投票した人」と「2位以下のどれかに投票した人」で比べると
「1位に投票した人」の方が少数派なんです。即ち
「1位に投票した人」<「2位以下のどれかに投票した人」ってことです。

1位が必ずしも自分の好みに合うとは限らないってのは、これ故です。

ということを言うと本屋大賞を否定しているように聞こえるかもだけど、そうではなく、
せっかくのお祭りなんだから楽しめばいいし、順位だって参考にすればいい。
そこんとこも、歌や食事のランキングと一緒です。
ただし、振り回されない。順位が絶対だとは思わない。

『本の雑誌増刊 本屋大賞2015』には
1票でも獲得した全ての作品が掲載されています。
そしてそこには、
「ノミネートすらされなかったけど俺にはこっちの方が興味深い」
そんな作品の一つや二つ、誰でもきっと見つけられると思います。
そういうのを見つけることこそが、本屋大賞の醍醐味ではないかと思うのです。

小説の面白さに絶対の基準なんか在りません。
敢えて言えば、基準は、読む人それぞれの中に在る。
みんなが、順位以外の、自分なりの基準を見つけられたらいいなぁと思います。
[PR]
by dokusho-biyori | 2015-04-17 23:11 | サワダのひとりごと | Comments(0)

三者三様

いやはやお久し振りでございます。
色々書きたいことはあったんですが、まぁ貧乏ヒマ無しで……。

で、今回は薄給の書店員の数少ない「役得」のお話。
と言えばお解りかも知れませんが、
そうです、人気作家、ベストセラー作家とお会いする機会が
一般の人と比べると抜群に多い、ということです。
今日は、そんな機会に作家さんに伺ったお話。

随分前になりますが、福井晴敏さんにお会いした時のこと。
僕は福井作品のなかでも『亡国のイージス』(講談社文庫)がとりわけ好きなんですが、
その終盤に出てくるとあるセリフで、涙腺が崩壊した記憶が強烈でした。
福井さんにお会いした時に、今こそと思って訊いてみたんです。
「ああいうセリフは、どうしたら思いつくもんなんですか?」と。
福井さん、即答。
「あれは、キャラクターが勝手に言いました」

さて、先日『透明カメレオン』(KADOKAWA)が刊行された際、
わざわざご来店下さった道尾秀介さん。
道尾さんの流れるような文章が大好きな僕は、やはり訊きました。
「ああいいう文章は、練って練って仕上げていくんですか?」と。
道尾さん、「いやぁ~~~」と唸った挙句、
「練ったヤツは面白くないんですよねー。
ふわっと浮かんで来てくれればいいんですけど、一度練り始めちゃうともうダメですね」

そして、今日、『誓約』(幻冬舎)を刊行された薬丸岳さんがいらしてくれました。
当然、僕は訊いたんです。
「よく、文章が降りてくる、みたいなこと言うじゃないですか。
実際にそういうことあるんですか?」と。
薬丸さん曰く
「締め切り前なんか、〝 降りてくるなら悪魔に魂を売り渡してもいい 〟 とさえ思いますけど、
降りて来ないですねー。今までに一回も無いですね、そういう経験。
〝 降りてくる 〟 なんて人とは、仲良くなれないかも知れないですね」

だそうです(笑)。
そんな薬丸さん、色紙も何回も書き直して一生懸命書いてくれました。
写真は、記念に貰った書き損じ。これはこれで貴重かも!?
書き損じてない方は、是非店頭でご覧下さい。

a0304335_23145694.jpg

[PR]
by dokusho-biyori | 2015-04-03 23:20 | サワダのひとりごと | Comments(0)

15年04月

a0304335_1957114.jpg

a0304335_19571981.jpg
a0304335_1957367.jpg




『次の本へ』苦楽堂 篇 苦楽堂 9784908087004 ¥1,800+税

「1冊目を読んだあと、私はこうして次の面白い本に出合いました」。本をもう1冊多く楽しく読めるようになる、84人の読み方案内エッセイ集。すべて書き下ろし。本から本へとつながっていく楽しさを、読者に。「あと1冊多く」本を届ける喜びを、書店さんに。本の世界を元気にする「きっかけの本」です。(苦楽堂HPより)

a0304335_19593630.jpg

あーーーー!おんもしろかったぁ~~~~!
さぁ、次は何を読もうかな。

ねぇねぇみなさん、次に何を読むかって、実はけっこう迷いませんか?
四六時中本を読んでいる(と思われている)、わたしたち本屋だってけっこう迷うんですよねぇ。
今回は冒険ファンタジーだったから、次はラブストーリーにしようかとか、いや、この作家がおもしろかったから同じ作家の別の作品にしようかとか、イギリス文学っておもしろいなぁ、何か他のものも読んでみようとか。
いろいろな理由で次の本を探すと思います。
わたしはといえば、ここ最近は積ん読がはげしくて、積んであるものを見境なく読まねばならない状態・・・。これはなかなかつまらない選び方です。とほほ。

さて、そんな一冊の本から次の本へつながってゆく過程をなんと84人分知ることができるのがこの本。
この本を読んでみると本当に本を選ぶ理由って十人十色だということが分かります。例えば民俗学者の赤坂憲雄さんは、国木田独歩の『武蔵野』を読み、それに関連して“森“のつく本を手当たり次第拾っていったら大場秀章の『森を読む』に出会った。そこにまさに”武蔵野“の雑木林の出自が明かされていて驚いたという話が読める。
作家の鈴木光司さんは、ご自身が読んだ本のタイトルや読み終えた日付などをずっとノートに書き留めていたそうで、そのつながりはあきらか。この本では白石一文の『神秘』からポール・オースターの『トゥルーストーリーズ』へつながった経緯を紹介している。前者の作中にトゥルーストーリーズについての言及があるからだそうで、これは読まねばと思ったそう。
他にもタイトルが似ていたとか、今読んだ本の背景についてもっと詳しく知りたくなったとか・・・本当にその理由は様々で、すっごくおもしろい。

え、人が本を選ぶ理由なんか興味ないって?
まぁまぁそう言わずに、何編か読んでみてくださいな。これが本当に面白いんですって。
なんというか、普通のブックガイドって基本的にその本のことしか書いてないじゃないですか。あたりまえですけど。
でもこれは読んでいたときのその人の考え方がうっすら見えてきて、ちょっとだけその人の人生をのぞいた気分になるというか。
それで次の本へ向かうところがみんな、読んでてわっくわくするんです。
もちろん出てくる本はみんな魅力的なので、読みたくなることは間違いないし、片方が自分の読んでいる本だったら余計にもう片方を読んでみたくなります。
こういう形ってすごく新しいと思いました。

編集の苦楽堂さんは、若い人たちの次に何を読めばいいのかわからないという声を聞くことが多かったそうで、少しでも次の本へつなげるガイドになればいいとの想いからこの本を作ったそうです。
大事なのは次へ進むこと。どんな方法でもいいんだなぁ。
さぁ次は何を読もうか。(酒井七海)



演奏文学のススメ

a0304335_208389.jpg

 世に数多ある文学の一ジャンルとして、〝 演奏文学 〟 なるカテゴリーがありますね? 何、ご存知ない? ならば教えて進ぜましょう。楽器の演奏が物語の中で重要な役割を果たしており、同時にその描写がリアルで、且つ、読んでいると楽器を演奏したくてウズウズしてくる。そんな小説やノンフィクションを、〝 演奏文学 〟 と言います。今、僕が決めたんですけどね。

 で、その演奏文学に、竹内真さんの『ぱらっぱフーガ』(双葉社)が仲間入り。
 主人公の有人と風香(アルトとフーガのもじりなんだろうね)は、中学校の吹奏楽部で同じアルトサックスを担当して来た恋人同士。高校でも一緒に音楽を続けようと吹奏楽部の名門校を受験するも、なんとビックリ、有人は落第して、名門どころか吹奏楽部が存在すらしない私立校に通うことに。諦めきれない彼は、吹奏楽部を立ち上げるべく、まずは部員集めからスタートする。
 一方、名門校で鍛えられめきめき力をつけていく風香は、音楽への向き合い方で有人との間に微妙なズレを感じ始める。いや、そりゃそうだよね。方や、吹奏楽部も無い男子校で楽器なんかろくに触ったことがない連中を相手に四苦八苦、方や、全国大会常連校で厳しい監督や先輩に揉まれながら毎日毎日音楽漬け。考え方に差が出るのは当り前。ではでは、有人と風香の恋と音楽は果たして如何に? ってのは勿論読んでのお楽しみ。
 少しでも上達することを目指して必死にやる音楽も、上達は二の次にしてまずは楽しむことに重きを置いた音楽も、どちらも「音楽」であることに変わりは無い。そんなトーンが全体をゆったりと流れる、ちょっとウブな青春小説。

 で、ついでと言っては何だけど、演奏文学の名作をもう幾つかこの機に紹介しておきたい。

 まず藤谷治さんの『舟に乗れ』(ポプラ文庫全三巻)は、こちらも高校生音楽家の青春小説で、楽器はチェロ。バッハの『無伴奏チェロ協奏曲』が聴きたくなります。

 次の二つは、いつぞやこの場で紹介した記憶もあるけれど、塩田武士さん『女神のタクト』は、破産寸前の楽団を再建しようと、音楽にはズブの素人が奮闘する物語。先日講談社文庫になったのでこの機に是非。

 坂口理子さん『フロイデ!』(リンダブックス)は、落ちこぼれ音大生たちを見るに見かねて、なんと先の大戦で命を落とした大先輩たちの幽霊が指導に乗り出す!? という話。面白オカシイ描写の中にも「今出来ることを、今やらないと後悔するぞ」といった、林先生ばりのメッセージが胸を打つ。

 そして最後はノンフィクション。冨田篤さんの『息を聴け』(新潮社)は、高名な打楽器奏者である著者が、ふとしたことから熊本盲学校のアンサンブル同好会の指導を引き受けてから、全国大会で金賞を獲るまでのドキュメント。ここでご注意頂きたいのは、その全国大会というのがパラリンピック的な障害者向けのものではなく、一般の高校生とか大学生とかが出場するフツーの全国大会である、という点。だから、視覚障害を持つ参加者ための特別ルール、なんてものは当然無い。となると、アイコンタクトなど不可能な彼らには、そもそも演奏の出だしからどうやって音を合わせればいいのか分からない。
 だがしかし、練習漬けの毎日の中で、冨田氏はある時ハッと息をのむ。生徒たちが、教えてもいない演奏技術を使っている、もっと正確に言うと、冨田氏の演奏の癖をそのままコピッているではないか! つまり、普段から聴覚だけを頼りに生活している生徒たち故に、健常者では気付かない些細な音の変化にもやたらと敏感な耳を持つのが彼らなのだ。そうと分かればもう、アイコンタクトなど無くてもいい。冨田氏は、生徒たちに向かって朗らかに言う。

息を聴け! 気配を感じろ! お前たちの武器はその耳だ!

 読後はきっと、彼らの演奏を聴いてみたくなる筈。因みに、冨田氏の後日談がこちらのサイトに掲載されていて、併せて読むと感動もひとしおですぞ。(沢田史郎)



『テノヒラ幕府株式会社』安藤祐介
講談社 9784062194525 ¥1,600+税


 フリーターの拓真は、若手女性社長の寺井サチが切り盛りするスマホゲームの開発企業で、イラストレーターとして住み込みで働くことになった。中途入社の同期は、一流企業から転職してきたロマンスグレーのビジネスマン・小野寺。拓真は一流の流儀を説く小野寺と、ベンチャーマインド溢れる社員たちとの間で板挟みになり、自らの居場所を探していく。働くあなたに届けたい、組織人への応援歌!!(書店向けリリースから)

a0304335_20151574.jpg

 安藤祐介さんの小説は、いつも、人生の基本的な部分を揺さぶってくる。僕らが普段、当り前だと思っていることについて、「本当にそれは当り前なのか?」とツッコんでくる。
 ゴールに向かって突っ走るだけではなく、たまには立ち止まってゆっくり周りを見渡してみると、走っている時には気付かなかった色んなものが見えてくる。そう教えてくれたのは、『ちょいワル社史編纂室』(幻冬舎文庫)だった。
 今目の前にある現実、平凡で見あきた日常は、自分自身がファインダーを覗いて選び取った風景なんだと気付かせてくれたのは、『1000ヘクトパスカルの主人公』(講談社)だった。
「景気や世界はそう簡単に変えられませんけど、自分自身やその半径五メートルぐらいなら変えることができるかもしれない」とは、『おい!山田』(講談社文庫)に登場する名セリフだ。

 僕ら庶民が、庶民らしくつつましやかに暮らしていくだけで、大変なこともシンドイことも毎日毎日結構ある。ゲームじゃないから「イチ抜~けた」と途中で放り出す訳にもいかず、きっと誰もが、時には這うようにして今日に明日を継ぎ足しながら生きている。多分安藤さんは、そういうシンドさを僕らと同じように毎日味わってきた人だ。だからこそ、その描写にはリアリティがあるし、僕ら庶民は、その文章に励まされる。庶民の、庶民による、庶民の為の文学。それが、安藤さんの小説ではないかと、マジで思う。

 さて、前置き終わり。今度の作品が採り上げるのは、昨今大流行りのスマホ・ゲームだ。それを開発しているベンチャー企業「テノヒラ幕府株式会社」に、ゲームにもITにもてんで疎い拓真青年が、専属のイラストレーターとして飛び込むところから、物語の幕は開く。そして安藤節はもうのっけから、僕らの価値観に疑問符を投げかける。採用面接で「さすがにもうちゃんと働かなきゃダメだって思ってます」と発言した拓真青年。先方に「ちゃんと……?」と問い返されて自問自答。「ちゃんと」って何だろう?? これ、皆さんならどう答えます?
 また、僕らフツーの人々への声援に満ちているのも、安藤作品ならいつものこと。例えば、自分で納得出来るイラストがなかなか描けない拓真青年が、描いて描いて描きまくってやろうと一人静かに決意する場面。「量より質とは言うものの、量を生み出さなければ質は生まれないこともまた確かなのだ」なんて言葉に、ウンウン肯きながら読む人は多かろう。
 更に、拓真青年と同じ時期に入社した小野里さんなる初老の男性も要チェック。こちら、名前を言えばだれでも知ってる大企業の役員を自ら辞めて、テノヒラ幕府に応募して来た変わり種というだけでなく、種は種でも時に仲間割れの 〝 火種 〟 にもなる人物なんだけど、その彼がふと漏らす一言が、毎度毎度心に沁みる。例えば「まだ前ではなく、上ばかり向いている。後ろを向くのも、上を向くのも止めようと思っているのですが、なかなかすぐには変われないものです」なんて、ちょっとドキッとする言葉でしょう?

 そんな二人を軸にして、テノヒラ幕府の若き女社長とか、プライドの高いプログラマーとか、気の良いおデブの何でも屋とか、個性的なキャラたちが、安藤さんらしい抜群の描き分けで躍動しつつ、喧嘩したり、仲間意識が芽生えたり、開発したゲームがヒットしたり、障害が立ちはだかったりという展開は、飽きないどころか、読み始めたらもう止まらない。語りたいことはまだまだ山盛りてんこ盛りだけどキリが無いので最後にもう一つだけ。この作品のテーマとも言うべきセリフを挙げて、紹介終わり。

「生まれてから死ぬまで、人間にはリセットはないのだ。積み上げてきた経験値は必ず残り、その全てが 〝 自分 〟 を形造る」

どうです? 読みたくなったでしょう? 発売は4月下旬、乞うご期待!!! (沢田史郎)



(*`▽´*) (∩.∩) ┐(´ー)┌ (*´∀`) (*`▽´*) (∩.∩) ┐(´ー)┌ (*´∀`) 

以下、出版情報は『読書日和 04月号』製作時のもです。タイトル、価格、発売日など変更になっているかも知れませんので、ご注意ください。


a0304335_20223059.jpg
a0304335_20223892.jpg
a0304335_2023059.jpg
a0304335_20233240.jpg
a0304335_20234220.jpg
a0304335_20235085.jpg
a0304335_2024046.jpg
a0304335_20241027.jpg
a0304335_20244514.jpg
a0304335_20245489.jpg
a0304335_2025777.jpg




酒井七海の「きょうの音楽」
a0304335_20252529.jpg




編集後記
a0304335_20253937.jpg




連載四コマ「本屋日和」
a0304335_20255351.jpg

[PR]
by dokusho-biyori | 2015-04-01 20:26 | バックナンバー | Comments(0)