読書日和

dokushobi.exblog.jp

「読書日和」備忘録

ブログトップ

「楽しい」と「楽ちん」

 小野寺文宜(おのでらふみのり)さんという人の新刊で
『ひりつく夜の音』(新潮社)という本を、昨夜、読了しました。
余りにも良かったので、今朝から、もう一度最初から読み直してます。
で、その中にこんな一節がありました。

「音楽の楽は楽しいの楽。だがそれは楽ちんの楽ではない。
音と戯れるために、最低限の努力はしなければならない。
その先に楽がある。音楽がある」

そうなんだよね!
楽しいことをやろうとするならば、
楽ちんをしようと思ってはいけないんだよ。

やりたい事を一つやり遂げようと思ったら、
やりたくない事、つまらない事、地味な事、面倒な事を、
山ほど積み上げていかなきゃいけないんだよ。
例えば中学高校の部活動で、
「試合には出たいけど、日々の練習は面倒臭い」とか
「上手くはなりたいけど、キツいのは嫌だ」
とか言ってる奴は、まぁ、上手くはならんし、バカじゃねーのって感じだよね。

「やりたい事はあるけど、その為の努力は嫌だ」
なんてー事が通用するほど、世の中は甘くない。

生活の全てに不断の努力を注ぐ事は無理だけど、
好きな事、やりたい事、これだけはって思う事、
そのぐらいの事には、面倒とかキツいとかを厭わずに注力出来る人間でありたい。
などと思ったよ。

相変わらず、だから? っていう結論はありません。
a0304335_21442776.jpg

[PR]
by dokusho-biyori | 2015-10-01 08:30 | サワダのひとりごと | Comments(0)